「明治維新の「嘘」を見破るブックガイド」田中聡

明治維新を否定的に検証する本が沢山出ておりますが、
それのブックガイドってんだから、
どんなものだろうと読んでみました。

まずもって「否定的」とか「肯定的」ってのがナンセンスで、
歴史をそんな二元的にとらえるような考え方自体おかしい。
物事には良い部分悪い部分もあるし、
歴史上の人物も良い部分も悪い部分もある。
失敗した件もあれば、成功した件もあるわけです。

たとえば僕やこのブログを読んで頂いている方々も、
良かれと思ってやった事柄もあれば、
欲望のままにやった事柄も少なからずあったと思いますし、
諸事情で自分の考えを殺してやった事柄もあったはず。
そういうので善悪で評価されたらたまったもんじゃない。
誰も「聖人君子」でも「極悪人」でもないんだから!

明治維新を否定的に検証する本ってのは、
大概薩長(特に長州)を極悪人の集まりのように書いてあります。
ほぼ悪の秘密組織ショッカーのレベル。

つい最近、ショッピングセンターのフードコートを歩いていると、
1000円札が落ちていました。
あっ!って思い、通り過ぎた後ですぐ戻って拾い、
近くのブースの店員に落ちていましたよって渡しました。
良いことをしたのですが、頭の中では沢山の事を考えてました。
そのまま持っていってしまったら1000円儲かるなあ・・。
 けど周りに人がいるし、見られてるかも?
 1000円程度で変なケチ付けられたくないし、
 そういえば最近運が悪い。拾って届けたら良いことがあるかも?
 ほっといて他の奴に取られるのもシャクだし、
 ここは拾って店員に届けよう!
」ってね。
行為自体は良いことなんですが、考えてた事は小悪党です(笑)。
人ってこんなもんじゃないですか?

そんな感じで、評価を二元的にとらえるような駄文が多く、
読んでなんら価値のあるものとは思えない。
が、そういう本が巷に溢れているのが如何なものかと。
できればそういう本を読んで反論したいところなのですが、
僕も駄文を無理して読むのは辛い。
そういう本を集めて紹介してる本があるなら、
読まなくて良いのでこんな楽な事は無いですね。
そんな気軽な気持ちで読んでみました。

・・・で感想ですが、取り上げた本はほぼ肯定的に書かれており、
そういう本の最後に書かれるような解説集って感じ。
これではそれぞれの本の最後の解説を読むのと変わりない。
しかもこの本には「安部晋三首相」という言葉が、
至る所に登場します。明治維新の本ですよね?
どうもこれ自体が現政権批判本だったようです。
もうね。うんざりなんですよ。
政権の批判をするならその政策を批判してほしい。
明治維新にかこつけて政権批判するのはやめてほしい。
結局、長州=悪人長州出身の政治家=悪人って言いたいだけ。
それを遠まわしに語られるんだから、読む方はうんざりです。
でも、実際知らなかった本も知れたし、
少なからず読んでみようと思ったものはあったので、
無収穫ではありませんでした。

■関連記事■
「明治維新という過ち」原田伊織
 余りにも酷い内容です。
歴史を善悪で区別するのはナンセンス
 正義と悪って・・子供か!
何度も書いてますが・・・。
 知られざるタブー・・なんで知ってんの??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。