何度も書いてますが・・・。

知られざる真実とか、歴史に葬られたタブーとか、
色々な陰謀説が巷に溢れていますね。
困った事に、これらのトンデモ説を、
素直に信じる人達が沢山いるのです。

大体こういう話の元は「当時○○だった▽▽がその当時の事を、
子(孫)の△△氏に語った事で、
△△氏はこの事を世間に訴えるべきかどうか迷っていたが、
筆者の本を読んで本当の事を語る決心をした。
」というもの。
まあ揃いも揃って本当の事を語る決心をした割に、
本人が本を出版した例はないし、そんな重大な決心をした割に、
マイナーな作家一人にしかその真実を語らないパターンが多い。
しかも、その真実を語った本人は、大体すでに亡くなっています。
つまり誰も知らないその作家だけが知る秘密

こんなのを「へぇ~そうだったのかぁ」と信じる人が、
意外と多いのですよね。こういう本や説の傾向として、
最終的には現代の政治の批判に繋がってます
要するに政治的イデオロギーによって書かれているもので、
明治維新を政治の道具にしているだけなんですよね。

政治については触れないようにしたいので、
現政権が良い悪いは語りませんが、
結局、田布施システムなどは、安倍政権の批判でしかないわけで、
じゃあ、今まで山口県の政治家が関わらなかった時の政権の時は、
田布施システムは何してたの??ってなります。
田布施周辺から多くの首相が出てるって、
岸信介佐藤栄作だけじゃん。
二人は兄弟で岸の地盤を佐藤が継いだわけだし、
それが娘婿の安倍晋太郎、孫の安倍晋三に継がれただけの話。
政権を批判するのは、その政策だけにして欲しい・・・。
政治的イデオロギーで幕末維新を捻じ曲げて広げないでって思う。
その作家らの経歴を調べれば、大体の察しはつくと思いますが・・。

長州は忍者大国(笑)ではありません。
確かに毛利元就は、謀略に優れ、稀代の策略家であった為、
その謀略活動には確かに忍者を使っていましたが、
諜報や扇動など間接的な謀略活動です。
長州藩は、ちゃんとした武家社会を形成していました。

伊藤博文は、孝明天皇を暗殺していません。
たしかに孝明天皇の死因に怪しい所があるし、
絶妙のタイミングで崩御したことからも、
暗殺の疑いは拭いきれませんが、
長州が忍者大国ならば他にも忍者がいたわけで、
慶応2年に当時で、ある程度名の売れた伊藤本人が、
わざわざ直接暗殺する必要ある?
まず、そんな優秀な忍者なら英国領事館の焼き討ちなんて、
伊藤一人でできるでしょ?
また暗殺といえば京都の天誅事件ですが、
そのほとんどについて長州藩士は、重きを成していません。

長州藩の諜報機関は忍者体制によって、
他藩と比べようもない実力を持っていたとか?
だったらなんで八月十八日の政変を防げなかったの?
そういう諜報機関があったなら、
何故、反政府側に回った高杉晋作を殺さなかったの?
そんな組織があるなら、クーデターなんて成功しないでしょ。
まず、長州藩が一枚岩じゃなかった事さえ知らないんじゃないかな?
高杉晋作が率いる奇兵隊」とか平気で言っちゃうし。

これらトンデモ説を唱える作家らのほとんどが、
猿飛佐助石川五右衛門などがヒーローだった世代。
忍者がどんなものかさえ間違った認識を持っています。

これらの作家らトンデモ説を信じる事のないように。
まあ、信じても良いけど人には言わないほうがいいですよ。
バカにされるから。
こういうのはSFとかファンタジーとして読んで下さいね。

■関連記事■
忍者の国 長州??
 もしそうなら、それはそれでカッコいいなぁ。
いろいろな陰謀説について①
 坂本龍馬、孝明天皇らは陰謀によって殺されたという。
歴史を善悪で区別するのはナンセンス
 ある意味では純粋な人達なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。