下関市みもすそ川町 灯篭堂砲台他

大砲のレプリカが並ぶ壇ノ浦は、下関の観光スポットの一つ。
ここから歩いて門司に渡れる関門トンネルの人道や、
源義経と平教経の像などもありますが、
他にも火の山に登るロープウェイもあります。

この火の山というのは、海峡に添うようにそびえる山で、
名前から火山を想像しそうですが、別に火山ではありません。
古来この山に狼煙台が設置された事に由来するのですが、
先の大戦中は対空砲の設置された要塞として、
空襲機に対して砲撃を行った違う意味で火の山となった山です。

慶応2年には幕府の長州征伐に備えて、
対岸の田野浦布刈などを標的とした砲台が山麓に建設されます。

元治の攘夷戦で設置された砲台というのは、
大砲の飛距離不足を補う為に海岸ギリギリに設置されていましたが、
慶応年間に火の山の山麓に設置された諸砲台は、
海岸からはなれた高台や斜面に設置されました。
これは大砲の飛距離が伸びたということはもちろんですが、
四ヶ国との約定で海峡に砲台を設置できなかったためです。



公営の宿泊施設「満珠荘」。
山麓にある「満珠荘」あたりに「灯篭堂下東砲台」がありましたが、
現在は全くその面影はみられません。
慶応2年6月17日。小倉戦争初戦の田野浦上陸戦で、
報国隊三番小隊(隊長:諏訪栄三郎)が援護砲撃を行いました。
対岸に見えるのは布刈の古城山です。

「灯篭堂下東砲台」は、別名「女郎墓砲台」とも呼ばれていました。
当時の女郎達の墓があった場所だったようで、
その女郎達の墓は9号線沿いに集められています。

女郎墓」。
山麓を公園化した際にここに集められたそうです。
昔からここを通る度になんだろうなと思っていました。
稲荷町裏町の女郎達でしょうか?


「満珠荘」や国民宿舎「海峡ビューしものせき」の上あたりが、
灯篭堂砲台」のあった場所らしい。
昔の石垣が残っていますが、砲台の跡なのかはわかりません。
この「灯篭堂砲台」に、二十拇臼砲一門
十三貫目筒一門が置かれました。

灯篭堂とは吉田松陰の「廻浦紀略」にも出てきますが、
大きな石灯篭があったようです。
その石灯篭はすでに撤去されていますが、
どうもどこかに放置されているらしい。
なんでも昔あった火の山公園の管理事務所跡にあるらしいが、
この辺で聞いてまわったが誰も知らない。
今度、市にでも聞いてみようと思う。


ホテル「関門の宿 源平荘」。
ここにかつて長徳寺という寺があり、
下関戦争の際に陣屋として使われていました。
その境内に二十四斤長加農砲一門が置かれたようです。


今回行ったのは上の地図の三か所。
火の山周辺は、戦前の要塞化と戦後の公園整備で、
小倉戦争の面影なんて皆無です。
これらの砲台は立地的に田野浦上陸の際にしか使われず、
戦場が南下すると意味をなさなかったと思われます。
とはいえ、慶応2年6月17日の上陸戦には、
火の山山麓から大砲が発射され、文字通り火の山と化しました。

■関連記事■
下関市阿弥陀寺町 八軒屋砲台
 壇之浦漁港の砲台跡。
下関市阿弥陀寺町 紅石山砲台
 赤間神宮の裏山に設置された砲台跡。
下関市観音崎町 永福寺砲台跡
 永福寺境内に設置された砲台跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。