長崎県五島市福江 石田城跡

壇ノ浦の戦いで平家が敗れた後、
平清盛の弟平家盛宇久島に流れ住み、
宇久氏を名乗ったとされます。
20代当主宇久純玄豊臣秀吉に臣従し、
朝鮮出兵にも参加しており、
この頃から五島姓を名乗ったという。
その後21代当主五島玄雅が、
徳川幕府に所領を安堵されて福江藩を立藩。
江川城を藩庁としていましたが、
火災で焼失して以降は築城が許されず、
石田陣屋を藩庁として幕末に至ります。

幕末に入って海防が重要になってくると、
嘉永2年に幕府より築城が認められ、
石田城の建設を開始。
城の完成までに14年の歳月を要し、
文久2年に完成した海城である石田城は、
日本で一番新しい城となりました。
※松前城より新しい。

高速船の発着場から見えるのは、
城を造る際に大波を防ぐ為に建てられた防波堤

常灯鼻」。
この防波堤が造られた後は波が遮られ、
容易に築城することができたという。
城の建設後は常夜灯が設置され、
漁民にとっても重宝されました。
現在も同様に防波堤の役目を果たしています。


石田城大手門」。
野積みされた武骨な石垣で、
重厚な城門によく似合っています。
石工は大津の石工集団だったそうですが、
琵琶湖の波と海の波は違うので、
海城を造るのに相当苦労した事でしょう。


長崎県立五島高等学校」の校門。
城内は五島高等学校の敷地となっており、
先程の大手門を入って登校するようです。


校舎に書かれたスローガン。
城跡」と書いて「まなびや」と読む。


大手門側からは行けませんが、
城内には五島観光歴史資料館五島市立図書館
五島市福江文化会館が建てられており、
どれも城っぽい造りになっています。

石田城南西側の武家屋敷通りへ。

武家屋敷通り」。
2代藩主五島盛利の時代に、
各知行地に居住する家臣団を城下に集め、
支配権を強化した「福江直り」という政策で、
家臣団がこの付近に移り住みました。

武家屋敷通りと呼ばれていますが、
当時の面影は石垣と屋敷門のみで、
屋敷のほとんどが現在の家屋となっています。

福江武家屋敷通りふるさと館」。
後藤家家臣藤原家邸宅跡に建てられた観光施設。
屋敷は後に造られたものですが、
門や庭園は当時のものです。


武家屋敷通りの塀の石垣には、
こぼれ石」と呼ばれる小石が積まれ、
塀を乗り越える侵入者があると、
小石が落ちて音が鳴る仕組みとなっています。
なるほどよく考えられていますが、
台風の時なんて大変そうですね。


江川城跡」。
たまたま泊まった宿「五島第一ホテル」は、
江川城があった場所らしい。
建物の脇に石碑が建てられています。

幕末期の福江藩は領地が遠島で、
海防に関心があった事から攘夷派でしたが、
一方で支流の富江領五島家は佐幕派でした。
※3代五島盛次が弟五島盛清に3千石を分与。
 3千石ながら幕府より大名格として扱われた。

慶応4年に福江藩が富江領を吸収することなり、
これに富江側が反発し富江騒動が勃発。
富江領の領民が次々と富江に集まり、
15歳以上の男衆は竹槍を持って武装決起し、
福江藩の関係者を襲撃しました。
これに対し福江藩は武装して藩境に待機し、
一触即発の状態の中で膠着状態が続きます。

ここへ来て双方の重臣らが話し合い、
事態の収拾に努め富江側が降伏。
この騒動は新政府の長崎役所にも届き、
富江領の家老2名が長崎役所に出頭しました。

長崎役所には当時井上聞多が出仕しており、
この騒動を引見した井上は富江側に同情し、
今は辛抱するように」と諭じます。
井上は薬師寺久左衛門高松清一と共に、
福江島に渡って8代富江領主五島盛明と面談。
叛意が無い事を確認します。
薬師寺と高松は富江領内宣撫に努めますが、
権利論争などに手を焼いたとされています。
その後も領主、家臣らは旧領回復を目指し、
新政府に復領を嘆願しますが、
結局は戻る事はありませんでした。
福江藩自体も後に廃藩置県で消滅しています。

【福江藩】
藩庁:石田城
藩主家:五島家
分類:1万5000石、外様大名

■関連記事■
長崎県五島市 大円寺(福江藩五島家墓所)
 福江藩五島家の墓所。
長崎県五島市 富江陣屋石蔵
 福江藩の支藩富江藩の陣屋石蔵。
長崎県南松浦郡 ワイルウエフ号と潮合騒動
 のどかな農村で起こった遭難事件。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。