長崎県五島市 大円寺(福江藩五島家墓所)

長崎県五島市大円寺町にある大円寺は、
五島列島全域を支配する福江藩五島家の菩提寺。

五島家が宇久家を名乗っていた16代宇久盛定の時代に、
先祖の建てた松月庵を再興して大円寺とし、
五島家の菩提寺としました。

大円寺山門」。
藩主家の菩提寺だけあって立派です。
本堂も立派ですが建て直されて新しい建物。
本堂の左側が大円寺墓地なのですが、
当主の墓は相当荒れ果てており、
門扉が灯篭などが瓦解しています。
おまけに幕末期の藩主の墓石が見当たらない・・・。
で、よく調べると寺の前を流れる大円寺川の対岸に、
江戸中期以降の当主家の墓所があるとのこと。


五島家墓地」。
対岸へは橋が架かっていますので、すぐ行けます。
入口は石門があるのですが、かなり低めだなぁと思ったら、
あとから作られた車道が嵩上げされているため、
低く感じられたようですが、初めからそれほど高くない。
墓地への参道には、石灯篭が並べられていますが、
腰まで伸びた雑草が生い茂っており、行くのに勇気が・・。


奥に入ると五島家墓地が現れます。
家臣らに寄進されたであろう石灯篭が並ぶ風景は、
他の藩主家の墓所と同様で、見慣れた雰囲気ですね。


福江藩第九代藩主五島盛繁の墓」。
9代藩主五島盛繁の時代から、
五島周辺にも外国船が出没するようになります。
このため海防強化を図らなければならなくなり、
その資金を商人達の献金によってまかなわざるを得ず、
商人達を武士身分を与えることとなりました。
とはいえ、そのために色々な意見が出てくるようになり、
身分よりも個人の才能を重視する序位昇進制を採用。
その流れで藩校育英館も発展を遂げています。


福江藩第十代藩主五島盛成の墓」。
10代藩主五島盛成の時代に幕末を迎えます。
先代よりの財政難はなお続き、
家臣禄高の改正を行って財政再建を図りました。
福江藩は城主格大名ながら、築城を許されませんでしたが、
海防政策の一環として念願であった築城の許可を得ます。
完成は次代になりますが、隠居後も実権を持ち続け、
藩政に強い影響を与えました。


従五位五島盛徳乃墓十一代藩主五島盛徳の墓)」。
彼の代に石田城が完成。
日本で一番新しい城となりました(記事はこちら)。
藩主となってからも前藩主の父が実権を握っていますが、
これは盛徳が病気がちだったせいもあるようです。
廃藩置県後の明治8年に、父に先立って死去。
既に家臣も居なくなっていたために、
家臣より寄進されるべき石灯篭が無かったのか、
墓前に並んでいる石灯篭に刻まれている寄進者は、
父である五島盛成の名です。

■関連記事■
長崎県五島市福江 石田城跡
 福江藩の藩庁。最後に築城された一番新しい城。
長崎県南松浦郡 ワイルウエフ号と潮合騒動
 福江藩領中通島で起こった沈没事件。
長崎県五島市 富江陣屋石蔵
 3000石ながら大名格の富江五島家の陣屋遺構。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。