長崎県五島市 富江陣屋石蔵

五島列島全域を支配していた福江藩には、
富江藩という支藩がありました。
藩とはいっても石高は3000石

基本的に「」は1万石以上の大名の支配機構を指し、
この定義では富江藩は「藩」ではありません。
しかし、稀に石高は低くても大名格を与えられ、
「藩」となる場合もあります。
※もちろん特殊な事例で、足利家喜連川藩などは、
 5000石ですが元将軍家で源氏長者という格式から、
 同じく将軍家の徳川家に厚遇されました。

この富江藩も特殊な事情で、
福江藩3代藩主五島盛次が病弱で、
弟の五島盛清が福江藩の藩政を代行しましたが、
その卓越した政治手腕で将軍徳川家綱にも信頼され、
盛次の死去後も次代の盛勝が幼少のだった為、
幕府より藩主後見人を命じられ、
引き続き福江藩の藩政の代行を命じられました。
盛勝が元服すると盛清は身を引きますが、
それまでの盛清の功績から、
大名格(高家・交代寄合)として扱われます。


富江陣屋福江島の南部の富江にあり、
陣屋敷地内に石蔵が残されています。


富江中学校のグランド付近が富江陣屋のあった場所。
列島の観光名所には、このような標識が建てられており、
迷わず探すことができます。
列島内に点在する教会に行くのもわかりやすい。


矢印に従って細い路地を進みます。
右手は草に覆われてはいますが、
福江島特融のこぼれ石の石垣だったようです。


富江藩石蔵」。
100mほど進むと見えてきます。
富江陣屋唯一の現存する遺構で、
玄武石で造られたこの石蔵は、
年貢米を貯蔵するのに使われました。


中にも入れます。
蔵というよりも、地中海にある要塞遺跡のよう。

慶応4年、第8代藩主五島盛明の代に、
新政府より福江藩と合併せよとの命が下り、
これに反発した家臣、領民等が武装して抵抗。
富江騒動と呼ばれる騒動が起こりますが、
井上聞多らもわざわざ現地まで出向き、
周旋するなどしています。

富江藩では海産物などの運上金などで、
石高に反して裕福だったようで、
また福江藩領との漁有権などで度々揉めており、
吸収合併という形に家臣、領民共に反対するのは、
必然だったのでしょう。

【富江領】
藩庁:富江陣屋
藩主家:五島家
分類:3000石、高家・交代与力(大名格)

■関連記事■
長崎県五島市福江 石田城跡
 宗家である福江藩の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。