らしゃめん伝吉②

/②

出奔した伝吉の足取りは不明です。

1854年7月(嘉永7年6月)。
伝吉が突如香港に現れ、停泊中のミシシッピ号に現、
合衆国を訪問したいと願い出ました。
伝吉は米国人からは「ダンケチ」に聞こえたようで、
乗船を許すと水夫達は親しみを込めて、
伝助をダンケッチ(Dan-Ketch)と呼びました。

ミシシッピ号でアメリカに渡った後の足取りも謎ですが、
何故か安政6年に英国軍艦「サンプソン号」に乗って、
英国付通訳として日本に舞い戻りました。
アメリカに行ったはずが、英国に雇われていたのは不可解ですが、
とにかく英国公使オールコックの通訳になっていたのです。

たぶん、なんらかで再びシナに戻ってきた伝吉は、
広東の英国領事館で雇われ(オールコックが領事を務めていた)、
その語学力を買われて公使付の通訳となったのでしょう。

伝吉は英国籍を与えられていたようで(帰化名ボーイ・ディアス)、
帰国後は自ら英国人と称して洋服を着、外出の際は馬を用います。
この全く外国人のような振る舞いをする伝吉は、
江戸中で有名になりますが、その傲慢な態度で嫌われました。

また、通訳の仕事とは別に、
公使館員達に日本人女性を斡旋していました。
口入屋(手配屋)と組んで一儲けを企んだのです。
娼妓、芸妓は不可、素人娘で異人館に奉公にあがる娘を探し、
二人の娘が候補となりました。
待遇は月40両、契約前に3カ月分前払い。
二人の娘とは、蕎麦屋の娘「お花」と寺娘の「お香乃」。
蕎麦屋にしても寺院にしても借金があったようで、
家の為に仕方なく奉公に行かなければならない状況でした。

外国人の様に振る舞い、市中を馬で闊歩して度々問題をおこし、
あげく外国人に日本の娘を斡旋するなど、
色々と恨みを買っていた伝吉。
誰に殺されてもおかしくないような状況でした。

安政7年1月7日。
伝吉は公使館の前で立っていると、
2名の深編笠をかぶった男が近づいてきて、
その背中に短刀を突き刺しました。
伝吉は背中に短刀が刺さったまま公使館まで戻りますが、
そのまま絶命。犯人はわからぬままでした。

伝吉の死後、第一次東禅寺事件が起こります。
水戸脱藩浪士14名が公使館を襲撃した事件で、
警備兵2名と襲撃した浪士3名が死亡しています。
外国人も2名が負傷しますが、オールコックは難を逃れました。

水戸浪士が去った後、東禅寺のある2つの部屋で、
娘の斬死体が見つかります。お花とお香乃だとされています。

/②

■関連記事■
静岡県下田市 玉泉寺(日本初の米国領事館)
 玉泉寺の米国領事館にも5人の女性が奉公に出ています。
オランダ船長殺害事件
 2人を殺害した下手人は捕まりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。