島根県邑智郡 三坂峠(お蓮勘兵衛悲恋の墓)

安政4年。
日米和親条約を修補する下田条約が結ばれ、
安政の改革を主導した老中阿部正弘が死去し、
幕府が将軍継嗣問題でゆれています。

そんな中、浜田藩でひとつの悲恋劇がありました。

浜田藩同心某の妻お蓮は、使用人勘兵衛と恋仲になり、
それか世間に知れた為に、三坂峠を越え芸州に逃げます。
しかし、お蓮の夫の同心某は2人を追いかけ、
芸州藩領の大塚で2人を捕まえました。

本来ならば手討ちにするところですが、
他藩領で問題を起こす事も出来ない。
そこで「一度浜田に戻れは離縁してやる」と言って騙し、
三人で三坂峠を戻ることになります。

国境を越えて浜田藩領に入ると、
夫はすかさず二人の首を刎ねて殺してしまう。
夫は二人の首を持って代官所に手討ちの旨を届け、
浜田に帰って行きました。
三坂峠には首のない二人の遺体が野ざらしにされており、
それを不憫に思った地元の庄屋が、
村人と共に二人を手厚く葬ったとの事。

島根県と広島県の県境に二人の墓が残されています。

島根県邑南町県境付近(お蓮勘兵衛悲恋の墓の場所)
現在の県道5号線石州街道であった道で、
浜田藩主の参勤交代にも使われた重要な街道で、
三坂峠は石州と芸州の国境に位置していました。


藩政のお蓮勘兵衛の悲恋坂」。
浜田自動車道(高速道路)を、
瑞穂ICで降りてから県道5号線を進み、
山道を進むにつれて雪道となりました。
県境にほど近い島根側の道路脇に墓はあります。


お蓮 勘兵衛の墓」。
南無阿弥陀仏と刻まれた墓石がお蓮と勘兵衛の墓。
身元もわからずで墓が建てられたからでしょう。
騙されずに芸州で暮らしていれば、
2人は幸せになったかもしれません。
もし許してもらえるのならば、
住み慣れた浜田で暮らしたいと思ったのでしょうが、
まんまと騙されて殺されることになります。
なんとも無常な話ですね。


頼山陽の揮毫せし石柱 陰陽の分かれ」。
墓より広島側に少し進むとスノーシェルターがあり、
脇に看板が建てられています。
頼山陽は「日本外史」の著者で、
尊皇攘夷運動に多大な影響を与えた人物。
安政の大獄で斬首された頼三樹三郎の父でもあります。
・・でどこに石柱が??
調べたらスノーシェルターの中央付近にあったようです。
↓これ。

従是東 安藝国」。
画像はネットより拝借。「国」の部分が埋もれてますね。
どうもこれが頼山陽の揮毫らしいです。

■関連記事■
島根県益田市 剣豪永井金三郎の墓
 石州戦争で戦死した剣豪永井金三郎の墓。
島根県浜田市 観音寺(岸静江墓所)
  扇原関所で一人立ちはだかった岸静江の墓。
石州戦争での軍夫の逃亡
 石見の民衆は長州藩に味方しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。