石州戦争での軍夫の逃亡

幕長戦争石州口の戦い(石州戦争)は、
大村益次郎が直接指揮をとり、
その軍略を以て長州軍を勝利に導いたとされています。

そのとおりなんですが、それだけが勝利の要因ではなく、
兵装の違い士気の違い戦術の違いなど、
色々な要素が複雑に重なった結果の勝利でした。
その勝利の要因のひとつに、石見の民衆の動向が挙げられ、
浜田藩天領の民衆が、領主の所属する征長軍に味方せず、
敵方である長州藩に味方した訳です。

石見に限らないのですが、当時の物価は高騰しており、
諸物価が十年前の5倍となって民衆を苦しめていました。
その原因が幕府が始めた外国との貿易にあるという認識が、
村の医師などの知識人から民衆に伝えられており、
幕府に対抗する長州藩を支持する考えが広まっていました。

浜田藩は、江戸時代を通じて領主が何度も代わっており、
民衆は領主を搾取する対象としか認識しておらず、
いにしえの領主毛利家に対しては親近感を持っており、
しかも攻めてくる長州勢の中には、
直接の旧領主であった石見益田家もいました。
※長州藩準一門家老家の須佐益田家(石見益田家)は、
 かつて石見の益田周辺を領しています。

浜田藩は出陣に際して軍夫動員をおこなっていますが、
民衆たちはこれに抵抗。
鍬や竹槍を持って群衆して動員に反対します。
これには浜田藩も手を焼き、民衆をなだめ、
あるいは脅して、やっと揃えたようでした。

幕軍は他に親藩の松江藩、準親藩の鳥取藩、譜代の福山藩
そして御三家の和歌山藩が出陣していましたが、
松江、鳥取両藩は積極的に戦闘には参加せず、
和歌山藩、浜田藩、福山藩が戦闘に参加しています。

各藩も国元より軍夫を連れて来ていたのですが、
軍夫の逃亡が相次いで深刻な状況となり、
逃亡した軍夫を厳罰に処すなどの対策をするのですが、
なかなか逃亡は収まらない。
そこで現地の浜田領で軍夫の動員を依頼するわけですが、
前記のように浜田藩自体が不足している状態なので、
征長軍は慢性的な軍夫不足となります。

戦闘が開始されると、軍夫の逃亡には拍車がかかり、
退却も容易ではなく、大砲、兵糧を置き去り。
浜田藩は、軍夫を鎖で大砲に縛り付けることまでしたとか。

軍夫の逃亡は石州口の征長軍に限らず、
芸州口でも逃亡が多く発生しており、
浜田藩が芸州へ援軍を求めた際も軍夫が逃亡してしまい、
援軍は浜田城自焼まで間に合っていません。

このように民衆が征長軍に対して反抗的であったことも、
長州藩圧勝の要因のひとつだといえるでしょう。

■関連記事■
浜田城自焼後の浜田藩①///
 割を食うのは所領が戦場になった藩です。
島根県浜田市 浜田城跡
 浜田藩は籠城せずに自焼させて撤退しました。
島根県益田市 万福寺・医光寺
 石見戦争序盤の激戦地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。