「SIDOOH/士道」高橋ツトム

出張で当日ホテルをとるのは、意外と至難の業。
特に都会の駅前では、不可能だったりします。

そんなときは、カプセルホテルって手もありますね。
・・というより、大きな風呂もサウナもあるし、寝るとこは狭いケド寝たら一緒だし、
こっちのがいいや!と、ひとりで出張の時はカプセルホテルを使います。

そこは、漫画も置いていて、「SIDOOH/士道」を読んでみました。
1~19巻一気読みです。

内容なんですが、簡単に言うと幕末フィクションものです。
怪しげな宗教団体に暗殺者に仕立て上げられた兄弟の孤児が、
そこの教祖に裏切られて、何の因果か京都見廻組別撰隊(だったかな?)に編入されます。

普通に漫画として面白いのですが、今回紹介した理由は、
この作品に登場する高杉晋作がかなり格好良く描かれてるからです。

キャラ的にモミアゲの非常に長い髪型してますので、ビジュアルで好き嫌いはあるでしょうが、
内訌戦~長州征伐のくだりのこの作品の晋作はカッコイイの一言です。

もう一つ、この作品の面白いなと思ったポイントは、坂本龍馬を英雄視していないところです。
なんだか小悪党のように描かれていて、こういう龍馬の扱いも珍しいなと・・。
実は19巻は、龍馬を暗殺するギリギリで終わっているので
、最終的にどうなるかは知りませんが・・・。
全25巻まであるらしいのですが、そこのカプセルホテルにはなぜか、
19巻までしかなかった・・・。

しかし、漫画とはいえ、1~19巻まで一気に読むと、寝る時間少なくなりますね。
次の日の仕事辛かった・・・・。

■関連記事■
「SIDOOH/士道」高橋ツトム②
 だいぶ後に続きを読みました。
「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・
 新選組を題材にした漫画「ちるらん」の高杉晋作。
「陽だまりの樹」手塚治虫
 巨匠が描く幕末漫画の名作です。
「ばくだん!~幕末男子~」加瀬あつし
 幕末版のカメレオン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。