兵庫県たつの市 小宅寺(脇坂家墓所)

譜代藩は藩主の墓所が領内に無い事が多く、
龍野藩も同じく墓所は江戸だったのですが、
幕末の藩主9代脇坂安宅と10代脇坂安斐の墓は、
龍野領内の小宅寺にあります。


小宅寺」。
脇坂家の祈願寺
領内には菩提寺として如来寺という寺もあり、
何故ここが墓所になったのかはわかりません。


正三位勲二等紫原和墓」。
龍野藩士紫原和の墓。本堂の真後ろにあります。
紫原は尊攘派の藩士で、藩論を勤皇に導いた人物。
維新後は新政府に出仕し、初代千葉県令や、
貴族院勅選議員などを務めました。


脇坂家墓所」。
墓地の右側の高い位置にありますが、
藩主家墓所といった重苦しさはありません。


従四位脇坂安宅墓」。
9代藩主脇坂安宅の墓。
幕政に参加し、寺社奉行京都所司代を勤め、
嘉永7年に起こった京都御所火災の復旧の功績で、
孝明天皇より茶室を拝領しています。
安政4年に老中に昇進。
在任中に安政の大獄や、桜田門外の変など、
大きな事件が起こっています。


正三位子爵脇坂安斐墓」。
10代藩主脇坂安斐の墓。
脇坂安宅の養子で、津藩11代藩主藤堂高猷の四男。
朝敵となった長州藩には同情的で、
降伏条件の遂行するのが困難であると上奏し、
その後の再征にも反対し、病気を理由に出兵を辞退。
新政府への恭順もスムーズに行われました。
写真も残っていますが、なかなか男前な藩主だったようです。

数々の藩主家墓地を訪問した僕ですが、
歴代藩主の墓があるが、幕末の藩主のみ東京
のパターンは多いのですが、
歴代藩主の墓は東京で、幕末の藩主のみある
というパターンは希でした。
地元で脇坂家に対しての敬愛の念が残っているそうですが、
なんとなくわかるような気がしますね。

■関連記事■
兵庫県たつの市 龍野城跡
 龍野藩藩主脇坂家の墓所。
七本槍の幕末について調べてみる
 藩祖脇坂安治は、賤ケ岳の七本槍のひとり。
兵庫県姫路市 姫路城
 龍野藩は新政府による姫路討伐に参加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。