七本槍の幕末について調べてみる

賤ヶ岳の七本槍として名を馳せた秀吉の武将の子孫って、
幕末どうだったのか気になって調べてみた。

賤ヶ岳の七本槍は下記の7名。
福島正則 加藤清正 加藤嘉明
脇坂安治 平野長泰 糟屋武則
片桐且元

福島正則は関ヶ原の戦いで徳川方につき、
安芸・備後2ヶ国の49万8000石を得て、
大阪の陣でも嫡子福島忠勝が参戦していますが、
届け無しに城を修繕した為に、
高井野藩4万5000石に厳封されてしまいます。
その後、嫡子忠勝が早世し2万5000石を幕府に返上。
さらに正則が死去した際、家臣が検死前に火葬してしまい、
残り2万石も没収されてしまいました。
福島家は忠勝の弟福島正利が継いで、旗本3112石で存続し、
後に無嫡断絶していますので、幕末には子孫はいません。

加藤清正は肥後一国52万石の大名になりましたが、
子の加藤忠広の時代に、出羽丸岡藩1万石に改易。
二人の息子も死去して、加藤家は断絶してしまいます。
公にされなかった忠広の庶子は、帰農して庄屋として存続。
本家は途絶えましたが系譜は現在も存続し、
清正の血を残しています。

加藤嘉明は関ヶ原で徳川方につき、伊予松山藩20万石を拝領。
その後、会津藩40万石に加増されるが、会津騒動で改易。
長男の加藤明友が加藤家を継いで、水口藩2万石に封じられる。
水口藩加藤家は幕末まで存続しています。

脇坂安治は関ヶ原で西軍として参戦していましたが、
小早川秀秋らと共に裏切って東軍に寝返ります。
その功で大洲藩5万3500石を与えられますが、
子の脇坂安元に実子がなく、
脇坂家は老中堀田正盛の次男脇坂安政が継ぎ、
幕末まで龍野藩5万石として存続しています。

平野長泰は関ヶ原で東軍についていましたが、
終始豊臣の臣であり続けようして大名になれなかった。
江戸時代を通じて田原本の領主として9代つづき、
明治に入って田原本藩1万石の大名となりました。

糟屋武則は関ヶ原で西軍として戦って改易され、
嫡子も早世して血も途絶える。
遠縁は旗本500石として続いています。

片桐且元は家康に親しい立場で豊臣家に仕えていましたが、
大阪方に追われて、大阪の陣では徳川方につきました。
戦後に竜田藩4万石を与えられますが、
子の片桐孝利に嫡子が無かった為に一時改易。
且元の弟片桐為元が家督を継いて再興を果たし、
竜田藩1万石として存続しますが、
やがて血縁が途絶えて断絶しています。

ひどいもんですなぁ。
大名としては加藤嘉明の水口藩2万石と、
脇坂安治の龍野藩5万石、
平野長泰の明治維新後の田原本藩1万石。
しかも血脈としては殆ど途絶えています。
血脈として確認できるのは加藤清正の系譜のみですね。

幕末に関係する事柄が何かあればなと思ったんですが、
なんにもありませんでした。

■関連記事■
調子に乗って武田二十四将も調べてみる①
 戦国最強の甲斐武田家家臣らの系譜は幕末に何をしていたか?
毛利元就家臣の幕末
 戦国時代に活躍した毛利家重臣の系譜は?
徳川十六神将末裔の幕末①
 徳川十六神将の系譜は何藩?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。