福島県いわき市 泉藩本多家墓所

譜代藩の大名墓所は、東京にあることが多い。
これは転封が多いからで、
所領に作って遠くに飛ばされたら大変。
それなら参勤交代で必ず行く江戸に作った方が、
非常に合理的だという事です。

もちろん外様大名もそうしているパターンがありますし、
江戸、国元両方にある場合もあります。
大名も江戸滞在が長いわけですから、
江戸で死去するケースも多く、隠居後も江戸暮らしが多い。
実際に遺骸が埋葬されている墓は、
江戸という場合はかなり多いようですね。

さて、今回訪問した泉藩も同様で、
歴代藩主の墓所は墨田区の弘福寺
ですが、最後の藩主7代本多忠伸の墓所は、
所領であった泉町にあります。

いわき市立泉小学校周辺(本多家墓所の場所)


史跡 泉藩主本多家墓所入口」。
陣屋跡から川を渡って西に進み、
泉小学校の東側にあります。


泉藩主本多家墓所」。
意外にこじんまりとした墓地で、
大名墓所と言われなければわからないでしょう。
他に忠伸の妻や子などの墓がありました。


従三位本多忠伸墓」。
6代藩主本多忠紀奥羽越列藩同盟に与して隠居させられ、
忠紀の娘婿本多忠行の長男本多忠伸が7代藩主となります。
その後、版籍奉還で泉藩知事となり、廃藩置県で免職。
その後は東京に移住したはずですが、
墓所があるといることは、晩年は泉で暮らしたのでしょうね。

■関連記事■
福島県いわき市 泉陣屋跡
 泉藩本多家の陣屋跡。
福島県いわき市 湯長谷陣屋跡
 隣藩の湯長谷藩内藤家の陣屋跡。
福島県いわき市 磐城平城跡
 磐城平藩安藤家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。