青森県五所川原市 吉田松蔭関連の石碑

吉田松陰は、宮部鼎蔵江帾五郎と共に東北へ遊学。
水戸白河と歩き、途中で江帾と別れ、
会津新潟佐渡秋田弘前と廻り、
五所川原を通って津軽半島を北に向かっています。

五所川原市に点在する松陰の足跡を記した石碑を、
今回は探してみました。

十三湖に流れる岩木川に沿って北へ進んだ松陰と宮部。
その足取をたどる松陰の碑が4つあります。


吉田松陰先生渡舟記念碑」。
松陰と宮部は、ここにあった赤堀の渡船場で船に乗り、
岩木川の対岸にある芦屋に渡りました。
本来はここで対岸に渡る必要は無かったのですが、
地元民に道を聞いた際に、
津軽弁が聞き取れなかったのか?
若しくは松陰が聞き間違えたのか?
道を間違ってしまったようです。


十三館岡街道吉田松陰ゆかり之地(神原之渡し)」。
仕方なく対岸を約10km北上し、
繁田という場所から神原へ渡りました。
1本の石碑に「ゆかり之地」と、
「神原之渡し」が書いてあります。


かなぎ元気村 茶房 鄙家」。
弘前藩士であった傍島家の旧宅で、
近所の弘前藩士津島家津島修治(太宰治)も、
親戚であったためによく遊びにきていたとの事。
訪問時は「冬季休村」中のようでした。

この敷地内に松陰の碑があります。

吉田松陰 宮部鼎蔵 巡見之碑」。
再び岩木川を渡った松陰と宮部は、
蒔田の豪農紺屋田中長十郎家で昼食を取りました。
嘗て「吉田松陰先生昼食の場所」という木製の碑が、
この近くに建てられていたようですが、
現在は朽ちて撤去され、
この碑が敷地内に建て替えられたようです。

北上して十三湖へ。

吉田松陰遊賞之碑」。
昼食を取った松陰と宮部は岩木川を北上し、
十三湖のほとりまでたどり着きました。
波穏やかな十三湖と遥に霞む岩木山の絶景を、
真に好風景なり」と日記に記しています。

「吉田松陰遊賞之碑」のすぐ近くに、
今泉賽の河原地蔵尊がありました。

今泉賽の河原地蔵尊」。
青森では地蔵信仰が盛んだったようです。
賽の河原とは、三途の川の河原の事で、
親に先だって死んだ子供は、
親不孝の罪でそこで報いを受けるという。
小石を積み上げて両親の供養塔を作るのですが、
何度作っても絶えず鬼にくずされてしまう。
これを地蔵菩薩が救うとされています。


坂を上ると広場のようになっており、
着物を着た小さなお地蔵さんが並んでいました。

東北は寒いので、子供の死亡率は高かったのか?
死んだ子供を救って欲しいという親心が、
地蔵信仰の源になっているのかもしれません。

松陰と宮部はこの後、十三湖の湖畔を歩いてさらに北上。
海岸線に出て小泊へ向かっています。

■関連記事■
青森県北津軽郡 松陰の小泊止宿跡と台場跡
 松陰らは十三湖の絶景を堪能した後、小泊村に宿泊しました。
松陰の東北遊学⑧
 松陰らの津軽での足取り。
青森県北津軽郡 みちのく松陰道
 松陰らは小泊から算用師峠を越え三厩に向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。