山口県山口市 南園隊駐屯地跡

山口市街から国道9号線津和野方面に向かう阿東は、
日本におけるリンゴの最南端の特産地
青森長野など寒い地方で栽培される印象がありますが、
阿東は標高250~300mもあり、
冬の気温は-10℃にもなります。
そういう気候がリンゴ栽培に適しているらしく、
国道沿いにはリンゴの直売所などが立ち並び、
アップルパイなんかも売られていて、
9号線を通るとついつい車を止めてしまいます。

現在日本で主に栽培されているリンゴは、
セイヨウリンゴと呼ばれるもので、
幕末に松平春嶽がアメリカから入手したのが最初とも、
加賀藩がアメリカより入手して、
板橋で栽培したのが最初ともされています。
それ以前から日本にあったリンゴはワリンゴと呼ばれ、
中国から輸入されて、平安時代には栽培していたという。
セイヨウリンゴに比べて小さい為、数を減らしましたが、
今も彦根や長野の飯綱町などで栽培がされているようです。

それはさておき、
国道9号線から県道11号線を萩にむかう途中に、
生雲という集落があり、
萩と岩国を結ぶ山代街道の要所となっていました。

山口市阿東~萩市周辺(山口市阿東生雲中の場所)
この県道11号線沿いに、
諸隊のひとつ南園隊が駐屯していた場所があります。


南園隊駐屯地跡」。
梨園の入口にあります。
冒頭であれだけリンゴの説明しておいて梨園かい!と、
つっこまれそうですが、実際に梨園なんで仕方ない。
南園隊は長州藩士佐々木男也によって組織された隊で、
はじめ八重垣隊を称しましたが、
萩城南園に駐屯したので南園隊と改称しました。
南園隊は諸隊のひとつとして奇兵隊と共に内訌戦に勝利し、
第二次長州征伐時に、ここに駐屯して石州戦争に備えました。

全6小隊225名の大所帯で、
石州戦争では大村益次郎の指揮下に入り、
石州口の主力として活躍。
最新鋭のミニエー銃を装備して散兵戦術を駆使し、
福山藩浜田藩などの幕軍を撃破しています。

ここに演習場兵舎弾薬庫などがあったそうで、
想像するに散兵戦術やミニエー銃の扱いは、
ここで訓練されたのでしょう。
全くなんら遺構の無い片田舎の場所ですが、
その演習風景などを想像すると、ワクワクしてしまいますね。

■関連記事■
美祢市 四郎ヶ原宿
 諸隊解散騒動の際、膺懲隊と御楯隊が宿営した四郎ヶ原宿。
防府市 桑山招魂場
 御楯隊と鴻城隊及び、整武隊の戦死者を祀る招魂場。
岩国市周東町 通化寺(遊撃軍の本陣)
 対幕府戦に備えて移された遊撃軍の本陣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。