美祢市 四郎ヶ原宿

萩と下関を結ぶ赤間関街道
北浦道筋北道筋中道筋という3つのルートがあり、
中でも最も距離が短いが中道筋です。


赤間関街道と四郎ヶ原の場所

その中間地点が四郎ヶ原
なんらかの曰くがありそうな名称ですが、
その由来は
四郎という者が住んでいた平原」だからという。
四郎という人物が何か成したわけでもなく、
たまたま住んでいただけで誰ともなくそう呼ばれ、
ついには現在も残る地名となったようです。

四郎ヶ原は宿場として栄え、吉田松陰が九州へ遊学する際、
最初の宿泊地として泊まったとして知られます。


本陣河崎家」。
四郎ヶ原宿の本陣を務めた庄屋河原家の屋敷。
本陣というのは大名の宿泊施設のイメージがありますが、
参勤交代のルートでない街道の宿場にも本陣はあります。
要は高級藩士や他藩の使者などの宿泊施設として、
その地域の名主・庄屋などの屋敷が指定されたという事。


吉田松陰投宿之碑」。
本陣河崎家の前にある碑。
松陰が泊まったのは河崎家ではないようです。


諸隊(膺懲隊)宿陣跡」。
葉っぱで隠れてしまっていますが、
諸隊のひとつである膺懲隊がここに宿陣していました。
保守派とのにらみ合いを続けていた諸隊は、
各地に宿営していましたが、四郎ヶ原にはこの膺懲隊と、
御楯隊が宿営していたようです。

■関連記事■
松陰の九州遊学①
 吉田松陰は九州遊学に向かう際に、四郎ケ原で宿泊しています。
長門市 俵山温泉
 北道筋の宿場町。良質の温泉は西の横綱とも呼ばれています。
萩市 明木橋(吉田松陰詩碑)
 明木宿は萩に入る前の最後の宿場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。