長門市 俵山温泉

赤間関街道は、長州藩本拠地であると、
経済的・政治的重要拠点である赤間関を結ぶ街道で、
幾多の長州藩士や他藩の志士達が通った道でした。

街道は北道筋中道筋の2つのルートで萩-赤間関を結び、
三隅、湯本、俵山、田部を通るルートが「北道筋」、
絵堂、秋吉、美祢を通るルートが「中道筋」となっています。
※もうひとつ北浦道筋という海岸線を通る道もありますが、
 遠回りなコースですので、途中に用が無い場合は、
 北道筋か中道筋を通るのが普通です。

俵山温泉は北道筋ルートにある湯治場として栄えましたが、
開湯は長州藩政以前の平安時代にまでさかのぼり、
白猿が見つけたという伝説もあります。
江戸時代に入ると藩直営の湯治場となり、
藩主も湯治に訪れたという。

国際的な温泉学者である松田忠徳教授はこの俵山温泉を、
全国平成温泉番付において「西の横綱」に位置づけました。
還元力(抗酸化作用)の極めて高い泉質であるようですね。


俵山温泉のメイン道。小さな旅館が並びます。
約20~30軒の旅館があるようですが、
ここには大きな温泉ホテルは皆無。
ロシア大統領プーチンも泊まった湯本温泉の方は、
大きな温泉ホテルが数件ありますが、
こちらにはそういったものはありません。


外湯のひとつ「町の湯(左)」。
この俵山温泉は、全国的に珍しい外湯スタイル
ほとんどの旅館は内湯を持っておらず、
湯治客はわざわざ外湯に入りに行きます。
夏には浴衣姿で歩く人々も見ることができるでしょう。


車1台がやっと通れるような細い道です。


もうひとつの外湯「白猿湯」。
俵山温泉には「町の湯源泉」と「川の湯源泉」があり、
こちらは「川の湯源泉」を使用しています。
チケットをもっていたので、こちらに入浴しました。
西市温泉油谷温泉のような美人の湯ではなく、
効能は神経痛筋肉痛関節痛リウマチなど。
成分の違いなんでしょう。


温泉街といえば川ですね。
どこを見ても風情があります。
見渡すかぎり建物は旅館ばかりで、
娯楽と呼べるようなものはありません。
純粋に湯治だけをするための場所といった感じ。
いや、それが良いのかもしれませんね。
1週間湯治していれば、どんな病気も治りそうです。

さて、古くからの湯治場で街道沿いの街なわけですが、
幕末志士の誰それが泊まったとか、
湯治に来たとかそういうものはありません。
萩-下関の移動は別のルートがあるので、
ここを通らなくてもいいのですが、
全ての藩士らが別ルートを通ったとも思えませんので、
記録が無いだけなのでしょう。

幕末とは関係ないのですが、
近隣の麻羅観音へ行ってみます。

麻羅観音」。
大内義隆が陶晴賢の攻められ大寧寺で自刃した際、
末子の歓寿丸は女装して山中に匿われますが、
翌年に捕えられここで殺害されてしまいます。
襲撃者は、男児であった証拠として、
歓寿丸の男根を切り取り持ち去りました。
これを里人が憐れんで、社を建ててその霊を慰めたとの事。
名称からもわかるように、切られた男根にちなんています。


小さな社が建てられていますが、
ここは少々品の無い場所です。
ウチの子供らはまだ小さいので何もわかっていませんが、
もう少し色々わかるようになったら連れて来られません。


僕はこういう品の無いものは大嫌い。
ですが、先ほどの社の中のノートの書き込みには、
子供ができますように」「二人目が授かりますように
子供を授かることができました」など、
真面目な書き込みばかり。
僕らも5年前に知っていれば、参拝していたと思います。
御利益とは違いますが、子供達の健康をお祈りしました。

■関連記事■
鳥取旅行
 家族で温泉旅行に行った時の記事。
美祢市 四郎ヶ原宿
 中道筋の宿場町。吉田松陰が宿泊しています。
長門市 大寧寺
 湯元温泉近くの大寺院。多くの長州藩重臣達の墓があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。