下関市丸山町 日和山公園を歩いて登る

偉人の銅像観光名所の目玉となりえるもので、
上野の西郷隆盛像、桂浜の坂本龍馬像
仙台の伊達正宗像etc…と、
幕末ファンでなくとも観てはおきたいもの。

下関の高杉晋作像(銅像ではありませんが)も、
それらに匹敵してもよさそうなのに、
ツアーなんかでそこに行く事はなく、
土日でも地元の人以外は殆ど人がいません。

もちろん理由はあります。
今回はそれをちょっと検証してみましょう。


下関市立中央図書館より日和山を望む。
あんなところにあるじゃん!って感じ。

でもあそこに行こうと思ったら大変。
とりあえず麓にいってみましょう。

麓にある細江公園前に案内板があります。
わかりやすくて良いですね。

・・・が、案内板の通りに行ってみると。

なんとも急で高い石段が現れました。
足腰の弱い方には登るのは無理?


足に乳酸が溜まります。


んで到着。すでに足がパンパンです。
ツアーでぞろぞろ行く事は出来ませんね。
実は裏から車で行く事は可能なのですが、
狭いし駐車スペース無い。
観光バスなんかでは無理なのです。


少し木が邪魔ですが、海峡も見えて良い場所。
ですが団体の観光客がやってくるには、
少しハードルが高いようです。

■関連記事■
下関市丸山町 つかずの灯篭
 日和山にある石灯篭。
下関市吉田 東行庵~高杉晋作の新しい銅像
 東行庵に建てられた高杉晋作の新しい銅像。
下関市丸山町 日和山公園
 日和山公園について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。