下関市丸山町 日和山公園

下関の日和山上水場の脇にある日和山公園に、
高杉晋作の陶像が立っています。

この像は本来銅像でしたが、
昭和18年12月24日に、
太平洋戦争の金属供出で失われてしまったそうです 。

これは2代目の像で、備前伊部焼の伊勢崎 陽山満の窯で、
約半年間を掛けて製作されたもので、
備前焼の陶像としての大きさでは日本一だそうです。

まあなんというかエ○詩吟の人に似てないこともないのですが・・

でも、威厳があってドーンとしていて、
個人的に晋作の像の中では一番かっこいいと思いますね 。

※※ エ○詩吟 というのは、吉本芸人の天津木村のネタで、当時はタイムリー(?)だったような、すでに廃れていたような・・そんな感じですね。個人的に一番かっこいいと言っていますが、現在はやっぱり功山寺の銅像ですね。いや、これもかっこいいとはおもいますけどね。 2019/08/02

■関連記事■
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 東行庵の晋作陶像がある場所は、昔山縣の銅像がありました。
下関市丸山町 つかずの灯篭
 晋作の陶像の前にある石灯篭の話。
下関市丸山町 日和山公園を歩いて登る
 実際に日和山に登ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。