下関市丸山町 つかずの灯篭

高杉晋作像のある日和山公園に、
つかずの灯篭」と呼ばれるいわくつきの石灯篭があります。


日和山公園の「つかずの灯篭」。

「つかずの灯篭」といえば、
香川県の直島にある林の浜の「灯つかずの石灯籠」があり、
石灯篭を作った石工が、その工賃を払ってもらえず(または博打で取られた)、
工賃が無ければ石灯篭の材料代が払えず、
帰るに帰られず、身投げして死んでしまいます。
それ以来、石灯籠に何度火をつけても消えてしまう。
そういう話があります。

日和山にある「つかずの灯篭」も、それに似た話が伝わってます。

元々は壇之浦に灯台として設置されていたもので、
(※松陰の「廻浦紀略」に壇ノ浦にあった当時の事が記されています)
長府報国隊が奇兵隊の桜山神魂場にならって、
豊町(貴船町)の旭山に招魂場を造ることになり、
そこに灯篭を設置になったので、隊士が灯篭を運ぶ事になりました。

隊士達は皆、酒を飲みながらいい気分で運んでいたので、
灯篭を乗せた大八車を、途中の道沿いにあった料亭「吉信」の、
格子戸にぶつけて壊してしまいました。

「吉信」の主人は怒って、隊士達に文句を言いましたが、
返り討ちにあって斬り殺されてしまいます。
主人は死に際に「その灯篭の火を消してやる・・・」と、
恨みの言葉を遺して死んでしまいました。

灯籠は長府報国隊の招魂場に無事に設置されましたが、
この灯篭にいくら火をつけてもすぐに消えてしまいます。
隊士達は恐ろしくなり、この灯篭を「つかずの灯篭」と呼んで、
二度と火を灯さないようにしました。

その後、長府報国隊の招魂場が、桜山招魂場にまとめられることになり、
「つかずの灯篭」も桜山に移されました。

昭和11年に、高杉晋作の銅像が日和山に建てられることになり、
桜山招魂場からこの日和山に移され、現在の場所に設置されました。

・・と、まあこういう逸話が残っていたんですが、
高杉晋作の銅像の落成式では、この灯篭を点灯させることになり、
何の不都合もなく、煌々とあたりを照らしていたようです。


当時の日和山公園。「つかずの灯篭」も見えますね。

70年ほど経って、「吉信」の主人の怒りが静まったのでしょうか?
それとも報国隊ではなく、高杉晋作の銅像の落成式だから、
火を灯してくれたんでしょうか?

■関連記事■
下関市丸山町 日和山公園を歩いて登る
 下から歩くとなかなかです。
下関市丸山町 日和山公園
 日和山公園について。
下関市みもすそ川町 火の山灯篭堂の石灯篭
 火の山にあった常夜灯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。