萩市 高杉晋作誕生地

はじめて行ったのですが、何か感動があったかというと、
別に何か感じたかというわけではありません。

当たり前と言えば、当たり前で、すごく大きな屋敷でも、
すごく古い屋敷でもなく、ましてや変わった家でもなく、
単なる小さな武家屋敷・・

実は、高杉邸に行く前に、青木周弼旧宅、木戸孝允旧宅、
旧久保田家住宅と廻ってきたので、他の屋敷は入れたのですが、
高杉邸は覗くだけ・・ 仕方なく100円支払って覗いてみました。

ここは他と違い萩市の管理ではなく個人所有ということで、
同じように見てはいけませんね 。

でも感動がないとか言いつつ、ひとつだけありました。
庭を見ていて一緒に来ていた嫁さんが、
何の気なく「梅の木があるね」とつぶやく。

ほう!植物は詳しくないので、
花の咲いてない梅には気がつきませんでした。

晋作の作った詩には、よく梅が登場してますが、
この梅の木を見て作った詩もあるのかもしれませんね 。

※※いきなり誕生地をディズってますね。まあ未だに〇〇の生誕地など、あまり感動はしないのは変わりませんが、もう少し敬意があってもいいものです。若気の至りというには既に齢は取っておりますので、初心者だなといった感じでご勘弁下さいませ。 2019/08/02

■関連記事■
萩市 円政寺
 晋作が幼少期に遊んだ寺。 境内金比羅社の大天狗面は必見。
下関市新地町 高杉東行終焉之地
 晋作は林算九郎の離れで死去しました。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 晋作の没後150回忌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。