山口県萩市 前原騒動慰霊碑

萩の乱で散った士族達を慰霊する碑が、
萩往還から萩市街に入る道筋にあります。


萩市椿大屋周辺(前原騒動慰霊碑の場所)


前原騒動慰霊碑」。
南無妙法蓮華経とだけ刻まれており、
一見何の碑かわかりません。
実は前々からここに碑があるのは知っていましたが、
それが何の碑かは知りませんでした。
この辺が萩の乱の激戦地だったとされますが、
あまり資料がなくてよくわかりません。
地元の人々が建てた慰霊碑なので、
たまたまここに建てたのかも?

萩の乱は前原一誠奥平謙輔が起こした士族反乱
西南戦争が後世に大々的に伝わっているのに、
規模は違いますが、萩の乱の扱いはあまりにも小さい。
明治3年の奇兵隊脱退騒動と一緒にされるフシもあります。

前原は高杉晋作が離脱した後の小倉戦争を指揮しており、
戊辰戦争の北越戦争等にも従軍して、
維新後は兵部大輔も勤めた軍事のプロのはず。
晋作や大村益次郎山田顕義など軍略の天才にも接しています。
それなのに反乱は即座に鎮圧されてしまっており、
なんとも残念と云わざるをえません。
実際に前原には軍略的才能は無かったのでしょう。

吉田松陰は、才能や見識は久坂玄瑞や晋作には及ばないとし、
前原の人間性誠実さには2人は及ばないと評しています。
僕の個人的な意見ですが、
前原は西郷隆盛と同じようなタイプだったのではないか?
優れた人間性に人は集まり、持ち上げられる。
これに答えようとすると、破滅へと向かわざるをえない。
そんな悲劇的な結末は、西郷や前原だけでなく、
日本の歴史において数多くあった事ではないでしょうか?

■関連記事■
萩市 弘法寺(前原一誠墓所)
 萩の乱の首謀者前原一誠の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。