萩市 弘法寺(前原一誠墓所)

萩の乱の首謀者として斬首された前原一誠
彼の墓所は、萩の弘法寺にあります。


萩市萩橋周辺(弘法寺の場所)


弘法寺本堂」。
弘法大師空海が唐から帰国した際、
船が漂着したこの場所に、弁財天が老人に姿を変えて、
弘法大師を呼び寄せたとされる。
弘法大師は自分の像を彫刻して、衆生結縁の場としました。
山号の寄舟山、寺号の弘法寺の名も弘法大師に由来します。


前原一誠墓(中央)」と「佐世一清墓(左)」。
境内の墓地に、立派な墓石が建てられています。
佐世一清は前原の実弟で、萩の乱で処刑されました。

前原は大組佐世家の長男として生まれます。
落馬事故により武道を諦め、学問で身を立てようとし、
勉学にはげみ松下村塾へも入門しています。
※実質10日程度でした。

高杉晋作奇兵隊を組織すると、いち早くこれに参加。
功山寺挙兵の際にも、はじめから参加しました。
長州内訌戦が終了し正義派政権が発足した際に、
旧俗論派と正義派との板挟みで苦しんでいる前原を、
晋作が見かねて下関に呼んだことも有名です。
小倉戦争の際は、晋作の右腕として活躍し、
晋作が病により一線を引いた後は、
参謀として晋作の代わりを勤めました。

維新後は、越後府判事兵部大輔を歴任しますが、
新政府との方針が合わないと萩に帰ってしまいます。
その後、萩の乱を起こすわけですが、僅か3日で鎮圧。
小倉戦争、北越戦争時の参謀、
軍部のトップ兵部大輔経験者にしては、
あまりにもお粗末な内容でした。

前原は吉田松陰に「久坂、高杉に才識は劣るが、
人物の完全さにおいては、二人は佐世に及ばない
と評価されています。
つまり誠実な人であったと思われます。
ですが、誠実な人柄と才能は別物で、
軍事的な才能は無かったのではないでしょうか。

とはいえ、前原が特別ダメだったのかという訳ではもなく、
幕末から明治10年までに起こった数々のクーテターは、
そのことごとくが失敗しており、
唯一の成功例が功山寺挙兵なわけです。
いわば軍事クーデターは成功するものではない。
しかし、誠実ゆえに不平士族達を見捨てる事が出来ず、
前原は立ち上がるわけですが、これは西郷隆盛にも通じる。

平成28年。
前原一誠が桜山神社に合祀されました(記事はこちら)。
しかし桜山神社に霊標が建てられる事はありませんので、
ここにあるのが前原の唯一の墓碑というわけです。

■関連記事■
山口県萩市 前原騒動慰霊碑
 萩にある萩の乱の慰霊碑。
山陽小野田市 来島又兵衛誕生之地など
 山陽小野田市に前原の旧宅跡があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。