長崎県島原市 龍馬上陸の地

元治元年2月。
四ヶ国連合艦隊下関を攻撃するということで、
外国側と交渉してこれを回避するべく、
幕府より調停役を命じられた勝海舟は、
総勢47名の大所帯で神戸から長崎に向かいます。
この一行に坂本龍馬ら勝の門弟も同行し、
龍馬は初めて長崎を訪れる事になりました。

2月14日に一行は翔鶴丸で神戸を出帆し、
翌15日には瀬戸内海を渡り大分の佐賀関に到着。
陸路で熊本まで進んで、高橋宿より船で島原へ渡っています。


龍馬上陸の地」。
石碑には
島原街道 一八六四年 海舟 龍馬上陸
と刻まれています。
勝ら一行は、島原の南風泊に入港。
小船に乗り換えてこの場所に上陸して、
ここにあった船番所に立ち寄った後、長崎を目指しました。

「南風泊」という聞きなれた言葉をここで聞けるとは・・。
僕の住む下関にも「南風泊」はあり、
フグの水揚港として全国的にも有名ですね。
下関「南風泊」は南風が止むのを待つという意味ですが、
(記事はこちら
こちらは南側の島が風よけとなった良港という意味らしい。
この頃は島原唯一の港町だったようです。

■関連記事■
大分県大分市 佐賀関(海舟龍馬上陸地と宿泊地)
 勝海舟一行は、佐賀関より上陸し、熊本を経て島原へ渡りました。
彦島について②
 下関の南風泊について。
長崎県島原市 島原城①/
 島原藩深溝松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。