大分県大分市 佐賀関(海舟龍馬上陸地と宿泊地)

攘夷決行による長州藩の関門海峡封鎖に対し、
四カ国艦隊の下関への報復を止まらせる為、
勝海舟は諸外国との交渉のために長崎へ向かいました。
これに神戸海軍塾の塾生坂本龍馬も同行しています。

神戸から第二長崎丸に乗り込んだ一行は、
2月15日に佐賀関に到着。
船を下りた一行は、そこから陸路を長崎に向かいます。
佐賀関は熊本藩の飛地で、四国への玄関口として栄え、
当時は大変な賑わいでした。
幕府の使節として上陸した勝の一行を、
街を挙げてもてなしています。


海舟・龍馬上陸の地」。
佐賀関の上浦に勝や龍馬の一行が上陸したという説明板が、
「海舟・龍馬上陸の地」として建てられています。
現在は埋め立てられており、海岸より少し内側ですが、
このあたりが上陸地であったらしい。

上陸した一行は、佐賀関の街で一泊するのですが、
その際の様子が宿泊所であった徳応寺に記録されています。


佐賀関の地図。
赤点線の通りが上浦と下浦(南浦)を結ぶメイン通りで、
現在は「関さば関あじ通り」と呼ばれています。
この通りに勝や龍馬の宿泊した痕跡が残っていますので、
上浦から順に歩いてみます。


高田屋」跡。
接待の際に「御給仕人」を努めた店。
通りにはこのような案内板がたくさんあります。


小松屋」跡。
一行が分宿した旅宿。
勝ら主要メンバーは徳応寺に宿泊しており、
ここに分宿したのは下っ端の役人でしょう。


高札場跡」。
通りの中央付近に高札場があったようです。
通常のお触書は7枚程度ですが、
多い時には12枚も張られていたという。


徳応寺」。
高札場跡の向いは徳応寺。
ここに勝や龍馬が宿泊しています。


徳応寺本堂」。
改修中のようですね。この寺に勝らが宿泊したようで、
寺の記録にもその時の様子が残されています。


讃岐屋」跡。
一行の接待の際に、
亭主役」を務めた讃岐屋のあった場所。


土佐屋」跡。
一行の接待の際になにかした記録はありませんが、
当時の状態で残っている家屋。
龍馬は土佐屋の屋号を見て、何等か思った事でしょう。


正念寺」。
土佐屋跡の隣に階段があり、そこから正念寺に入ります。
古い石階段で、たぶん当時のものでしょうね。


正念寺本堂」。
正念寺も一行の分宿所となっており、
偉い順に「徳応寺」→「正念寺」→旅宿に分かれました。
奥の屋根は徳応寺です。すぐ隣だったんですね。


池田屋」跡。
一行の接待の際に「御料理人」を努めた店。


今津屋」跡。
一行の接待の際に「御給仕人」を務めた店。

紹介した案内板以外にも、
たくさんの屋号が書かれた案内板があり、
相当栄えた宿場だった事が伺えます。

一行の接待にたくさんの店が参加しており、
文字通り街をあげて接待した事がうかがえます。

一行は佐賀関で一泊した後、伊予街道を陸路で進み、
鶴崎を経て肥後街道から長崎に向かいました。

■関連記事■
長崎県島原市 龍馬上陸の地
 一行は陸路で熊本まで行った後、船で島原に渡りました。
長崎県平戸市 元回船問屋明石屋永山邸
 西郷、桂、高杉、坂本の秘密会合があったとされる場所。
熊本県苓北町 富岡城(富岡陣屋)跡①
 勝は長崎海軍伝習所の航海演習で2度富岡を訪れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。