大分県大分市 大分懸護圀神社

大分市街中央部の丘陵に、
大分縣護國神社があります。

ブログで何度も記しているように護國神社は、
明治政府が創建したものではありません。
幕末明治初期に殉難者招魂が目的で私設され、
創設者もであったり土地の名主であったり、
祀られている祭神もその隊士であったり、
土地の出身者であったりと、
それぞれに色々なパターンがありました。

今回訪問した大分縣護國神社の場合は、
大分県初代県令森下景端によって、
佐賀の乱台湾出兵大分出身の志士を祀る為、
松栄山招魂社を創建したことに始まります。


大分縣護國神社拝殿」。
明治8年に創建された招魂社は、
内務省令により護國神社に改正され、
内務大臣指定の護國神社となりました。
元々この大分縣護國神社のある松栄山は、
府内藩主松平近儔が、祖先である松平近正を、
近正大明神として祀っていた場所。
明治2年に遷座して跡地となっていた場所に、
招魂社が建てられたという経緯があります。
松栄山は「松平家が栄える」という意らしい。

指定護國神社は幕末維新期の神霊だけではなく、
以後の戦役の英霊が合祀されていますので、
特攻隊歩兵第47聯隊関係の展示などもあり、
神社ながらミリタリー色が強い。
そのあたりはブログのテーマから外れますので、
拝殿に参拝を済ませてすぐに退散し、
北側にある招魂場へ。


駐車場北側に招魂場や展望台などがあります。
南側の護國神社の社殿は後から造営されたもの。


西南役軍人墓地」。
西南戦争で戦死した政府軍214柱の墓地。
青森秋田福島など、他県の出身者が多く、
彼らも大分縣護國神社に合祀されています。


招魂社跡」。
創建当時の社殿があった場所。
現在でも合祀祭はここで行われているとのこと。


西南役警察官墓地」。
参道階段中腹あたりで枝分かれする階段先に、
西南戦争で戦死した警察官の墓地があります。


木々に囲まれた招魂場に、
日の光が差して神々しい雰囲気。


103柱の警視隊の招魂墓が並んでいます。
警視隊は明治10年の西南戦争の際、
東京警視本署が編成した部隊で、
本来は治安維持や、犯罪の取り締まりなど、
陸軍の後方支援が目的とした部隊でしたが、
隊の大多数が士族出身であった為、
正規の政府軍陸軍兵より勇猛でした。
後方支援である為に装備は旧式銃でしたが、
彼らは率先して抜刀して戦ったとされます。


一等大警部佐川官兵衛墓(左)」他、
警部クラスの招魂墓。
佐川官兵衛元会津藩家老で、
鬼佐川」と官軍に恐れられた人物。
特筆するべきは賊軍の将であった佐川が、
薩摩長州出身者と同等に並んでいる事です。

佐川は廃藩置県により斗南藩が消滅した後、
警視庁に出仕して西南戦争に出征。
巡査200名を従えて、
豊後竹田から坂梨へ向かいます。
佐川隊は南阿蘇二重峠の西郷軍陣地を攻撃し、
壮絶な白兵戦を展開。
西郷軍の小隊長鎌田雄一郎と切り結び、
横合いからの銃撃で絶命しました。


大分縣十等警部藤丸宗造之墓」。
他の警察官の墓と少し離れて建っている墓。
藤丸宗造は西南戦争時に重岡分署に赴任し、
西郷軍の延岡侵入を察知して政府軍本営へ報告。
その帰路に捕らえられて斬首され殉職しました。

大分縣護國神社は地元殉死者を祀る神社ですが、
西南戦争で各地から出征してきたことにより、
神霊は他地域の出身者が多く含まれています。
とはいえ豊後の防備を目的として派遣され、
大分を守って戦死したわけですから、
その本質から外れたものではありません。

■関連記事■
福岡県久留米市 山川招魂社
 佐賀の乱や西南戦争の戦死者の墓碑も。
宮崎県日南市 五百祀神社と招魂社
 西郷軍として戦った飫肥隊の招魂社。
東京都千代田区 靖国神社
 246万余の英霊が祀られる招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。