滋賀県蒲生郡 西大路(仁正寺)陣屋跡

蒲生氏郷の生まれた日野城は、
戦国末期には長束正家が城主となっていましたが、
関ヶ原の戦いで正家は西軍として戦い、
捕縛されて処刑された後、廃城となっています。

その後、三条藩市橋長勝が嗣子なく死去し、
市橋長政が2万石に減封されることで存続が許され、
近江国蒲生郡に移封となり、
廃城となっていた日野城跡に陣屋を設置して、
仁正寺藩が立藩しました。

長政は同族の市橋永吉に2千石を分与し、
次代市橋政信も、弟市橋政直に千石を分与した為、
仁正寺藩は1万7000石となっています。


藩主市橋家邸址」。
西大路(仁正寺)藩の陣屋跡。
現在は石碑と説明板が建っているのみですが、
御殿の建物は京都の相国寺に買い取られ、
林光院として現存しているようです。


西大路(仁正寺)陣屋の横から旧日野城跡へ。
堀などが残っています。


野面積みの石垣遺構が残っている他、
左右の郭には涼橋神社稲荷神社が建てられています。


涼橋神社」。
仁正寺藩主市橋家の氏神として建立された神社。
現在は涼橋大明神として崇敬されいます。
この神社の主祭神は市橋家の祖である源経基ですが、
初代藩主長政の長男市橋政房が合祀されており、
何らかの原因で毒殺されたという世子の怨霊を鎮める為、
この神社が建てられたという説もあるようです。


稲荷神社」。
もうひとつの郭には稲荷神社が建てられています。
こちらも藩政時代より建立されていたもので、
位置的に陣屋の裏鬼門にあたる場所とのこと。


日野川ダム」。
城跡及び陣屋跡の南側は日野川ダムとなっています。
このダム建設時に日野城遺構の大半が破壊されたという。
残念な事ですが、現在の風景はとても美しいです。


蒲生氏郷公産湯の井戸」。
日野城跡の西側の何件か民家の建っている場所に、
蒲生氏郷の産湯の井戸があります。


中野城跡」碑。
日野城は、日野にあった別城の音羽城と区別する為、
中野城とも呼ばれており、中野城跡と刻まれた碑が、
上記の産湯の井戸の周辺にあります。

最後の西大路(仁正寺)藩主市橋長和は、
ペリー来航などで国防が叫ばれるようになると、
藩内で火薬を製造したり、
藩士に武芸を奨励するなどしました。
仁正寺藩は捕縛された砲術家高島秋帆を預かった事があり、
その際に藩主以下が砲術等の教えを受け、
火薬の備えを行ったのだろうと推測されています。

文久2年には地名を西大路と改名し、
以後は西大路藩となりますが、
改称の理由はよくわかっていません。
藩主長和が寺名を嫌ったのではともされますが、
本人は東京都荒川区の南泉寺に葬られています。
仁正寺という寺名のような地名のわりに、
そのような寺のあった記録は無く、
紛らわしいので「西大路」と改称したのでは?

新政府の樹立後、西大路藩は大勢に従い恭順。
京都の警備などに藩兵を派遣しています。

【仁正寺藩→西大路藩】
藩庁:西大路陣屋
藩主家:市橋家
分類:1万8000石、外様大名

■関連記事■
滋賀県近江市 山上陣屋跡
 近隣の山上藩稲垣家の陣屋跡。
三重県三重郡菰野町 菰野陣屋跡
 近隣の菰野藩土方家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。