奈良県天理市 豊田山墓地(天理教教祖墓所)

天理市は、日本で唯一宗教団体の名称が使われています。
市制施行時に管区内の多く普及しており、
天理教教会本部の所在地でもあった事が理由という。
市内には「おやさとやかた」と呼ばれる建築物が立ち並び、
他所から来た者には不思議な雰囲気に感じられます。

天理教は幕末に興った新興宗教で、教祖は中山みき
みきは山辺郡三昧田村の庄屋前川半七の家に生まれ、
幼少より慈悲深く、同情心の篤い少女であったという。
13歳で庄屋敷村の庄屋中山善兵衛に嫁ぎ、
良妻賢母として家をきりもみし、
慈悲深く善行を施したとされ、
実家が浄土宗の檀家であった為、
浄土宗の熱心な信者で、尼僧になることを希望し、
勾田村の善福寺にて五重相伝を受けています。

41歳の頃、長男中山秀司の足の病気の回復の為に、
山伏中野市兵衛に祈祷を依頼。
依坐が不在だった為にみきが依坐となりますが、
この際に憑依状態となり、
天理王命」が憑依して天啓を受けます。
天理王命はみきを神のやしろに貰い受けたいと言い、
中山家は再三断りますが、
最終的に承諾すると憑依が解けました。

以後、みきは神命に従って近隣の貧民に財を分け与え、
安産祈願の「をびや許し」を始めます。
次第にみきを慕うものが増えてくるようになり、
他所に出向いて布教を行いますが、
神官や僧侶、医者などが批判して迫害を受けました。
維新後も継続して迫害を受けますが、
みきは信仰を貫いて度々留置、拘留を受け、
明治20年に死去しています。


天理教教祖墓所」。
中山みきの墓は、
天理教の墓地である豊田山墓地にあります。
明治20年に死去したみきは善福寺に葬られますが、
明治25年に現在地に改葬されました。
その後、墓所周辺は教会関係者や信者の墓が建てられ、
神道式の簡素な石柱が立ち並ぶ、
巨大な墓地になっています。

■関連記事■
奈良県天理市 柳本陣屋跡
 天理市内にある柳本藩織田家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。