奈良県磯城郡 田原本陣屋跡

豊臣秀吉子飼いの「賤ヶ岳の七本槍」。
加藤清正52万石、福島正則49万8千石、
加藤嘉明43万5千石と、大大名に出世した3人と、
中大名となった脇坂安治片桐且元
そしてぱっとしなかった糟屋武則平野長泰に、
明暗がはっきり分かれています。
※とはいえ大大名の3家は全て改易となりました。

中でも平野長泰は、賤ヶ岳で与えられた3千石と、
小牧長久手の戦功による2千石の加増以降、
全く加増されていません。
他のメンバーと比べなんとも情けない。
それでも平野家は江戸時代を通じて交代寄合として続き、
新政府によって最終的に大名となっています。


田原本町役場(西側駐車場)」。
田原本陣屋のあった場所は、田原本町役場周辺。
西側の駐車場に説明板が設置されていますが、
遺構はほとんど残されていません。

田原本藩はいわゆる「維新立藩」で、
維新後の加増独立高直しによって生まれました。
平野家の高直しは、どのような理由によるものなのか?
ネットでは「新政府の計らいによって」となっていますが、
計らう理由が良くわかりません。
単純に表高実高が違いすぎたのかもしれませんが、
それならば幕政時代に高直しされなかった理由も不明。

【田原本藩】
藩庁:田原本陣屋
藩主家:平野家
分類:1万石、譜代大名(維新立藩)

■関連記事■
阜県海津市 今尾陣屋跡
 維新立藩した尾張藩付家老竹腰家の陣屋跡。
奈良県天理市 柳本陣屋跡
 近隣の柳本藩織田家の陣屋跡。
奈良県桜井市 芝村陣屋跡
 近隣の芝村藩織田家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。