西郷隆盛の首級

明治10年9月24日。
鹿児島城山に立て籠もる西郷軍約400名に対し、
城山を完全に包囲した政府軍は、総攻撃を開始しました。

3日前の21日には、西郷軍から西郷の助命の為に、
河村主一郎山野田一輔が政府軍本営に訪ねて来ますが、
征討総督府参軍川村純義がこれを突っぱねて交渉は決裂。
代わりに自決勧告の書簡を山野田に持たせて帰しています。
※河村は政府軍に抑留されて生き残っています。

午前4時に総攻撃が開始され、四方からの砲撃と、
雨のような銃撃が加えられ、西郷隆盛及び幹部は戦死。
兵卒など200余名が降伏し、
城山での最後の戦闘は4時間後に終了しました。

城山正面岩崎谷を担当した第4旅団選抜中隊長佐竹義方は、
島津応吉邸前で首のない西郷の遺体を発見。
当時廃寺となっていた浄光明寺に運んで検死が行われます。

遺体の右手尺骨の古傷と、陰嚢水腫により西郷と断定され、
捕虜の証言から西郷の最後の様子も分かり、
首級は従僕の吉左衛門手拭いに包んで、
折田庄助の屋敷に入っていった事がわかりました。

山縣有朋の命を受けた千田登文中尉は、
折田邸をくまなく捜索して、
門前の溝中に埋められた西郷の首を発見。
※竹藪や土手の説も。
千田は部下である第一発見者前田恒光一等兵を連れ、
首を三方に乗せて本営に運びます。

山縣、曾我祐準川村純義大山巌等が検分し、
持って来た首級が西郷のものだと断定。
遺体の胴体は浄光明寺の庭に寝せられ、
首級は胴体の頭の位置に左を向けて置かれたという。
将兵が西郷の顔を拝める位置であり、
西郷の死を知らしめる意味だろうと推測されます。

その後、遺体は木櫃に納められて浄光明寺跡に埋葬され、
木標が建てられましたが、
明治2年に現在の南洲墓地の位置に改葬。
他の西郷軍戦死者の遺骨も集められました。

さて、首級を発見した千田は加賀藩の出身。
西南戦争の翌年の紀尾井坂の変で、
大久保利通を暗殺したのも、
加賀藩出身の島田一郎ら5人(及び旧鳥取藩士1名)。
最大の大藩ながら幕末期に活躍しなかったと云われますが、
幕末維新というひとつの時代を締めくくったのは、
加賀藩の出身者であったようですね。

■関連記事■
宮崎県延岡市 南洲翁寓居跡
 西郷が軍を解散する布告を発した場所。
鹿児島県鹿児島市 城山~南洲墓地
 西郷隆盛最後の足取り。
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 薩摩藩島津家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。