宮城県刈田郡蔵王町 仙台真田氏ゆかりの郷

片倉家で養われていた真田信繁の次男真田大八は、
真田四郎兵衛を名乗り仙台藩士となりますが、
正体を隠すために片倉守信と改めています。
家格は永代召出二番座、蔵米三十貫文で、
後に蔵米支給から知行地に直されました。

知行地は矢附村曲竹村倉埣村の3村で、
矢附村に在郷屋敷が構えられています。


仙台真田氏ゆかりの郷」。
蔵王町矢附舘にある仙台真田家のゆかり地。
真田の郷歴史公園」「真田幸村公血脈の地」、
仙台真田氏本願の地」など、
名称が統一されていませんが、
とにかく仙台真田家の在郷屋敷のあった場所らしい。


コスモスの咲く道を歩くと、2つの墓碑が現れ、
アニメっぽいキャラクターの幟が建てられています。


幸村十一世 真田豊治墓」。
幕末の仙台真田家分家の当主真田豊治の墓。
経歴がよくわかっていないようで、
金成代官所の役人をしていた人物らしい。
慶応2年の百姓一揆の際、一揆勢の要求のひとつに、
真田豊治を郡方役人に任じるよう求めていることから、
民衆に慕われていた人物であったと推測され、
維新後は小学校で算術教師を務めています。


真田幸清筆子塚」。
仙台真田家8代当主真田幸清の筆子塚。
嘉永6年に家督を長男真田幸歓に譲って隠居し、
矢附村に真田塾を開いて、読み書きを教えています。
明治4年に死去し、
門弟達によってこの碑が建てられました。

矢附舘を後にして、白石市内の当信寺へ。

当信寺」。
当信寺は、片倉重長の継室阿梅の菩提寺。
この寺に阿梅と、
仙台真田家初代片倉守信の墓があります。


片倉四郎兵衛守信(大八)の墓」「阿梅姫の墓」。
片倉守信は寛文10年に当信寺に葬られていましたが、
その墓碑は昭和17年に発見されるまで、
存在自体が知られていなかったという。
現在は寺域整備により、阿梅の墓の横に移されました。
阿梅の墓は片倉家当主が阿弥陀如来坐像であるのに対し、
蓮華座に座した如意輪観音像となっていますが、
何故か墓石を削って飲めば虫歯に効くと噂になり、
沢山の人々に削り取られて、原形留めていません。


白石老人の墓」。
2人の墓の横にある白石老人の墓。
江戸時代初期に、身元不明の仙人のような老人いて、
文武百芸で何事にも精進し、
白石城下の人々に尊敬されていたという。
なんだかよくわかりませんが、
そういう人物のお墓だそうです。

信守の子辰信の代に藩の許しを得て真田姓に復姓。
但し正式な真田信繁の血筋ではなく、
仙台藩が偽装した真田信尹の血筋としてでした。
その後、3代信成が弟英信に領地を分与して、
仙台真田家の分家が成立しています。
この分家が先ほどの真田豊治の家となります。

仙台真田家9代当主の墓は白石市や蔵王町には無く、
石巻市西光寺にあります。
9代当主真田喜平太幸歓は、 開明的な人物だったようで、
藩政府に改革案を次々に建白していますが、
保守派の支持が得られずに、大半は却下されていますが、
それでも藩の軍制改革を主導しました。
奥羽鎮撫総督府会津藩追討令の際には、
仙台藩兵を率いて土湯峠まで出陣。
幸歓は会津藩を積極的に討っての新政府への協力が、
仙台藩の最善の策と考えていたようでしたが、
仙台藩の方針はその逆の奥羽越列藩同盟に向かい、
幸歓は職を辞して隠棲。結果的に仙台藩は敗れ、
領地の多くを失う事となっています。

名将真田信繁の血脈を庇護した仙台藩でしたが、
幕末期にその再来ともいえる幸歓を要しなから、
幸歓の献策を取り入れる事無く仙台藩は敗れました。
ですが、幕府から睨まれながらも真田家を守った事は、
それだけで評価に値する事でしょう。

■関連記事■
宮城県石巻市 西光寺(真田喜平太墓所)
 幕末の当主真田喜平太の墓碑。
長野県上田市 上田城跡
 真田家の元居城上田城は、藤井松平家が治めました。
宮城県白石市 白石城
 真田家を匿った片倉小十郎家が城代を務めた白石城跡。
調子に乗って武田二十四将も調べてみる①
 武田家遺臣らの系譜の幕末は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。