宮城県石巻市 西光寺(真田喜平太墓所)

真田幸村(信繁)の系譜が仙台藩士として続き、
幕末の当主真田喜平太幸歓は西洋砲術を学び、
開明派の藩士であったという。
この真田喜平太の墓碑が石巻西光寺にあります。


西光寺」。
浄土宗の古刹で創建は鎌倉時代中期という。
石巻は東日本大震災の津波により、
甚大な被害を受けています。
この西光寺のある門脇地区も同様でしたが、
瓦礫が本堂の前に集まって津波を防ぎ、
水没はしましたが倒壊は免れました。
この西光寺は榎本艦隊が石巻に寄港した際、
榎本武揚が宿泊したのではないかともされます。


舊仙臺藩真田君墓」。
本堂前にある真田喜平太の墓碑。
藩主小姓を経て江戸で西洋砲術を学び、
砲術兵法全般の師範や軍制改革を行った他、
町奉行や藩校養賢堂幹事も務めており、
文武両道の才を持っていたとされます。
藩主にも多くの建白を行っていますが、
保守的な藩体制を変えるには至らず、
その多くが採用されていません。
中でも慶応3年に献白した「郡県制建白」は、
諸大名の領地や人民を全て天皇に返し、
郡県制による統治を行うべきというもので、
新政府の政策を先取りした極めて先進的な案でした。
しかし仙台藩は反新政府の道を選び、
奥羽鎮撫総督下参謀世良修蔵を暗殺し、
諸藩に呼び掛けて奥羽越列藩同盟を結ぶに至り、
万策尽きた喜平太は隠棲しています。
その後、藩主伊達慶邦に乞われて復帰し、
軍監となりますが時は既に遅く、
指揮を執る前に仙台藩は降伏しました。

維新後は石巻に移住して教育に尽くし、
西南戦争が起こって巡査の募集が行われた際、
その総長に推薦されていますがこれを辞退。
石巻で余生を過ごし、明治20年に死去しています。
後に子孫により菩提寺の成覚寺に改葬されますが、
墓碑は西光寺に残されました。


真田幸歓妻斎藤氏墓(右)」、
真田昌棟墓(左)」。
真田喜平太墓の隣にある妻と息子の墓碑。
こちらも墓碑だけのようです。

■関連記事■
宮城県刈田郡蔵王町 仙台真田氏ゆかりの郷
 蔵王町矢附舘にある仙台真田家のゆかり地。
長野県上田市 上田城跡
 真田家の元居城上田城は、藤井松平家が治めました。
宮城県白石市 白石城
 真田家を匿った片倉小十郎家が城代を務めた白石城跡。