佐賀県鳥栖市 田代宿と対馬藩田代代官所跡

九州の十字路とも呼ばれる九州自動車道鳥栖IC
北は福岡、南は熊本鹿児島
西は佐賀長崎、東は大分
鳥栖は九州の重要な交通の要所となっています。

江戸時代。
鳥栖の約半分は対馬藩飛地だった場所で、
なかでも田代領長崎街道宿場町として栄え、
対馬藩の重要な資金源となっていました。

田代宿には代官所が置かれ、藩士達の藩校も開設。
方々から特産品が流通して市場が開かれ、
野菜木綿煙草などが売られた他、
蝋屋油屋酒屋薬屋など約20もの業種が、
藩の許可を得て営業していたようです。


長崎街道 田代宿」標。
田代宿には多くの旅籠屋が並んていたようで、
旅人行商で大変な賑わいであったとされます。

特に売薬は藩の積極的な奨励で広まったもので、
田代売薬富山大和近江と並んで、
四大売薬の一つでした。
これには朝鮮貿易で大陸医学が伝わった事が関係し、
現在でも久光製薬をはじめとする製薬会社の工場が、
鳥栖には多く存在しています。


田代代官所跡」。
対馬藩の飛地基肄郡養父郡を支配する代官所で、
1万3千余石の飛地領を管理していたという。


旧対馬藩田代領代官所跡」碑。
鳥栖市立田代小学校の正門脇に、
小さな碑があります。


鳥栖市立田代小学校(田代代官所跡)」。
現在の田代代官所跡は、鳥栖市立田代小学校の敷地。
嘉永4年に改築されたことが記録に残っており、
指図(設計図)には約60の部屋が記されており、
その一部は2階建でした。


旧対馬藩校東明館跡入口」碑。
代官所跡の道路向かいにある石碑。
小藩規模の石高を管理する為、藩士も相当数派遣され、
彼らとその子弟の為に、田代に藩校が設置されました。
入口と刻まれていますので、藩校の敷地はその奥、
久光製薬の本社工場あたりと推測されます。
この跡地は旧東明館のあった場所で、
東明館は安政2年に代官所の西側に移転しました。

幕末期の田代代官は、尊皇攘夷派の平田大江(達弘)。
当時の対馬藩は佐幕派の勝井五八郎(員周)と、
尊攘派の家老大浦教之助(和礼)が争う内訌状態。
尊攘派の勢力が拡大すると勝井は危険を察知し、
出張の名目で対馬から離れます。

平田は尊攘派でしたが大浦派とは距離を置いており、
大浦政権を打倒する為に勝井に協力。
勝井は平田の協力を得て同志26人と共に対馬に帰還。
対馬内の勝井派と合流して藩庁を占拠します。
藩主宗義達に大浦の非を説いて大浦派を退け、
家老に任じられて政権を掌握しました。
しかし、勝井は尊攘派の弾圧を開始し、
幽閉された大浦は絶食の抗議をして死去。
多くの尊攘派が捕らえられて処刑されています。

そんな最中、田代に残っていた平田の許に、
俗論派の台頭によって長州藩を追われ、
九州に亡命してきた高杉晋作が現れます。
晋作は平田に協力を求めますが、
対馬藩は上記の様に内訌の真っ最中。
晋作に手を貸せる余裕はありませんでした。
仕方なく晋作は佐賀藩主宛の書状を平田に託し、
晋作は平尾山荘へ向かってます。
※平田は晋作の書状を持って佐賀城を訪れますが、
 門前払いに近い扱いを受けています。


その後、平田は本国の尊攘派を受け入れて、
尊攘派組織尽義隊を結成。
福岡藩や長州藩の協力も要請し、
外圧を以て勝井派の排除と勤皇を要求。
藩主義達は勝井の誅殺し、勝井派を排除します。

対馬藩は勤皇に移行すると思われましたが、
門閥政権による佐幕的政策が執られるようになります。
平田はなんとか藩論を勤皇へ導こうとし、
決死隊60余名と共に対馬へ渡りますが、
藩論は覆せずに佐幕派によって殺害されています。

田代領は前記したように1万3千石。
交通の要所である田代宿は、市場も開かれています。
この地を抑えて動かずに時期を待ては、
挽回の機会もあったのでないかとも思う。

朝鮮貿易と田代宿。
この2つのドル箱を持っていながら、
最終的に藩財政は破綻寸前であったという。
幼い藩主の許、藩士達は派閥争いを繰り返します。
長州藩の村田清風薩摩藩調所広郷など、
ドル箱を生かせる執政が対馬藩にいたならば、
対馬藩は雄藩に匹敵していたかもしれませんね。

■関連記事■
福岡県福岡市 平尾山荘
 高杉晋作は田代宿より、福岡の平尾山荘に向かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。