真木菊四郎」タグアーカイブ

福岡県久留米市 水天宮

久留米水天宮は、全国の水天宮の総本山。
天御中主神安徳天皇高倉平中宮二位の尼を祀ります。
禁門の変で自刃した真木和泉は、ここの22代目宮司です。

安徳天皇と平家一門を祀る水天宮の社家であった真木は、
平家が滅びた… 続きを読む

下関市岬之町 真木菊四郎殉難之地

真木菊四郎は、久留米の尊皇攘夷指導者真木和泉の四男で、
父と共に尊皇攘夷運動に参加しました。

禁門の変で父が討たれ、菊四郎は敗残兵と共に長州に落ち延びます。
敗残兵の中には長州藩兵だけでなく、他藩の志士達も参加していましたが、
土佐浪士池内蔵太もその一人です。

池内蔵太は佐幕的な土佐藩から脱藩し、長州の保護を受け、
攘夷戦等に参加して遊撃隊の参謀にもなっていました。

天誅組の決起にも参加し、八月十八日の政変後の長州軍の進発では、
真木和泉を総督とする忠勇隊に参加して、禁門の変を戦っています。
長州に落ち延びた内蔵太ら敗残兵は、薩会憎しの気持ちで一杯でした。… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎・白石正一郎の奥都城

赤間神宮の裏手の紅石山に、真木菊四郎・白石正一郎の奥都城があるらしい。
奥都城とは、神道式の墓ですね。
白石正一郎は晩年、赤間神宮の2代宮司となっています。

で、赤間神宮の人にどうやって行くのか聞くと、
藤原義江記念館というところから行くのが良いということで、
行ってみました。

藤原義江記念館は、春帆楼から李鴻章道を抜けると行けます。
急な階段を登った小高い場所に雰囲気の良い門がありました。
紅葉も綺麗ですね。
ちなみに藤原義江は、「われらのテナー」の愛称で知られる
世界的オペラ歌手です。

これが藤原義江記念館(紅葉館)です。
昭和11年に、英国系商社ホーム・リンガー商会の
社長令息のために建てられた住宅だそうです。
白い装飾性のないモダンな外観。… 続きを読む