香春藩」タグアーカイブ

福岡県京都郡 小笠原神社(豊津陣屋跡)

小倉城の放棄で香春を藩庁にした小倉藩でしたが、
やはり藩庁が御茶屋では色々と不便ということで、
明治2年12月に豊津に藩庁を移す事になります。

小倉藩9代藩主小笠原忠幹は慶応元年9月に死去し、
嫡子小笠原忠忱はわずか4歳で長州藩と戦うことになりました。… 続きを読む

福岡県田川郡 御茶屋香春藩庁跡

香春(かわら)。なんと風流な名前なんでしょう。
香春町は福岡県田川郡にある町です。

小倉戦争末期。小倉城を自焼した小倉藩は香春に撤退。
香春は小倉藩領田川郡の藩政の中心地だった場所で、
藩主の領内巡視に使われる御茶屋(宿泊施設)がありました。
香春に撤退した小倉藩は、その御茶屋を仮藩庁としています。
当時の香春は小倉城下に次いで繁栄していたようですので、
本拠を失った小倉藩が香春を藩庁としたのも当然の事でした。


御茶屋香春藩庁跡」。
国道322号線よりひとつ西の旧街道沿いにあります。
あくまで御茶屋ですので、その規模は街道の本陣程度か?… 続きを読む