島根県松江市 禅慶院/因州藩五士墓所

文久3年8月17日。
河田佐久馬鳥取藩の尊攘派22名は、
藩論を尊皇攘夷へ移行させようとし、
京都駐屯の鳥取藩の本陣本圀寺で、
佐幕派藩士黒部権之介高津省己
早川卓之丞加藤十次郎の4名を襲撃。
偶然にも非番であった加藤を除き、
黒部、高津、早川、早川の従者の4名が、
彼らによって殺害されました。
※加藤も後に切腹。
襲撃した22名の内1名は切腹し、
1名は行方不明となっており、
残り20人となった同志らは、
因幡二十士と呼ばれています
京都良正院から伏見藩屋敷に移されて、
翌年に国許の泉龍寺へ幽閉。
その翌年に家老荒尾志摩邸へと移されます。
二十士第二次長州征伐の噂を聞き、
長州藩に合流して共に戦おうと脱出。
廻船問屋下天野屋の中原吉兵衛の援助で、
海路美保関を経て手結浦へ寄港しました。
しかし浦役人に怪しまれた為、
託間樊六太田権右衛門吉田直人
中野治平の4名と、
船を用意した吉兵衛の弟で、
彼らに同行した中原忠次郎が交渉し、
残りは密かに出航して脱出します。
河田佐久馬の弟河田精之丞(景福)は、
 有栖川宮に報告するの為一人京都へ。
これを知った黒部らの遺族は、
手結に駆けつけて残った5名を討ち、
黒部らの仇を討ちました。

その討たれた因州藩五士の墓が、
禅慶院裏手の墓所に建てられています。

禅慶院」。
手結の集落にある曹洞宗の寺院。
由緒はよくわかりませんが、
本堂は総欅造りの立派なもの。
5士の遺品を展示する記念館もあります。

五士の墓は裏手にある墓地の頂上。

詫間樊六他四士顕彰碑(右)」、
大歇院殿利應休心居士
 真心院殿一菴全刀居士
 為範院殿賢遊是心居士

      ※以下破損(左)」。
五士の顕彰碑と合葬墓。
脱走の報に黒部らの遺族は仇討ちを考え、
藩に願い出て追討に向かいます。
藩政府も松江藩に通報して、
脱走船の抑留を依頼していた為、
この通報を受けた黒部らの遺族18名は、
浦役人の案内で宿所の民家を襲い、
黒部らの仇討ちを果たしました。


手結浦」。
山陰の田舎にある小さなの港。
風待ちの為に寄港したようで、
二十士も手配がここまで至っているとは、
思ってなかったのかもしれません。

脱出した残りの一行は、
石州鳥井浦に無事到着しており、
大森で長州藩兵と合流しています。

■関連記事■
鳥取県鳥取市 鳥取城跡
 鳥取藩池田家の居城跡。
島根県松江市 松江城(再訪)①/
 松江藩松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です