東京都豊島区 雑司ケ谷霊園

江戸時代の庶民の埋葬は、幕府が定めた寺請制度により、
各寺院が付属墓地に檀家の埋葬を行っていましたが、
明治政府は明治7年に朱引内での埋葬を禁ずると共に、
墓地取扱規則」を設定して、
東京府内9ヶ所を公共墓地を指定しました。

雑司ケ谷霊園もそのひとつです。

東京都雑司ケ谷霊園」。
雑司ケ谷霊園は作家文化人の墓が多い事で知られ、
池袋駅からも近く、散策に来る人も多いという。
訪問時は朝方だったのと平日であったせいか、
通勤で墓地を通っている人達が多い印象でした。

上記のように作家、文化人の墓が多いのですが、
当ブログは幕末の人物の墓をメインに探していきます。

川本家」。
日本化学の祖と称される川本幸民の墓。
川本幸民は三田藩の藩医の子として生まれ、
藩命で江戸に出て、蘭医足立長雋坪井信道に師事。
蘭医学の他に、物理化学も学び、
天保3年に三田に帰郷して藩医となっています。
蘭書の翻訳、マッチやビールの試作を行っていますが、
刀傷事件による蟄居処分や自宅の火事で生活は困窮。
この幸民の噂を聞きつけた島津斉彬は、
幸民を江戸の薩摩藩邸に迎えました。
洋書の翻訳の他、薩摩に赴いて技術指導も行い、
薩摩藩の西洋技術の習得に大きく貢献しています。
維新後に三田に帰郷し、私塾の英蘭塾を開校。
後進の教育に尽くしましたが、
子の清二郎太政官出仕となった事を機に上京し、
明治4年に死去しました。
幸民は浅草曹源寺に埋葬されたようですが、
明治34年にここに改葬されたようです。
※墓の位置1-2-1


従五位下肥後守爽恢岩瀬府君之墓」。
幕臣岩瀬忠震の墓。
旗本設楽貞丈の三男として生まれ、
同じく旗本岩瀬忠正の婿養子となって岩瀬家を継ぎ、
老中首座阿部正弘に見出されて外国奉行に昇進。
日露和親条約日米修好通商条約などを締結しましたが、
将軍継嗣問題で一橋派であった為に蟄居処分となり、
文久元年に死去しています。
文京区の蓮華寺に埋葬されていましたが、
後にここに改葬されました。
※墓の位置1-1-8


加藤家之墓」。
帝国大学第二代総長加藤弘之の墓。
加藤弘之は、出石藩士加藤正照の嫡男として生まれ、
江戸で佐久間象山坪井為春に学び、
長崎でフルベッキに学ぶなど、洋学研究に精進し、
幕臣に取り立てられています。
維新後も新政府に取り立てられ、
外務大丞元老院議官勅選貴族院議員等を歴任。
帝大の二代総長や初代帝国学士院院長を務めています。
※墓の位置1-4B-3


小栗家累代之墓」。
数多くの奉行職を務めて幕府を牽引した小栗忠順の墓。
小栗忠順は旗本小栗忠高の嫡男として生まれ、
文武に優れ、若くして頭角を現し、
遣米使節目付としてポーハタン号で渡米し、
帰国後は外国奉行に就任。
ロシア軍艦対馬占領事件による対応で辞任した後、
勘定奉行に就任し、軍艦の購入や横須賀製鉄所の建設等、
積極的な強兵政策を実施しています。
将軍徳川慶喜鳥羽伏見の戦いに敗れて江戸に帰還すると、
小栗は徹底抗戦を主張しますが、
慶喜はこれを受け入れずに小栗を放免。
領地への土着願書を提出し、
上野国の権田村に移住しました。
しかし、東山道軍によって捕らえられ、
まともな取り調べも行われずに斬首されています。
小栗の遺体は旧領権田の東禅寺にあり、
この墓は小栗家を継いだ婿養子小栗貞雄の建立したもの。


墓碑の裏には小栗上野介と刻まれています。
※墓の位置1-4B-5


千葉定吉政道之墓(左)」、
千葉重太郎一胤之墓(右)」。
北辰一刀流の創始者千葉周作は、
北辰夢想流中西派一刀流を合法して、
北辰一刀流道場玄武館を開設。
神道無念流練兵館、鏡新明智流士学館と共に、
江戸三大道場と称されています。
千葉定吉は周作の弟で、玄武館の創設に関わり、
後に桶町に道場を開きました。
桶町の千葉道場は玄武館の下級武士な学ぶ道場で、
この下位の道場が後の世に知られた理由としては、
やはり門下の坂本龍馬の存在が大きいでしょう。
龍馬は剣術修行の為に江戸遊学に出ており、
桶町千葉道場に入門して北辰一刀流を学んでいます。

千葉重太郎は定吉の嫡男で、
父の定吉が鳥取藩に召し抱えられ、
江戸藩邸の剣術師範に就任したことにより、
道場を任されていました。
重太郎も鳥取藩に召し抱えられ、
藩内尊攘派の河田左久馬らとも交友。
龍馬と共に勝海舟の暗殺を企てた事も知られ、
生野の変に敗れた北垣晋太郎原六郎らを匿い、
戊辰戦争にも従軍し、新政府に出仕しています。
※墓の位置1-6-5


小泉八雲之墓」。
怪談」の著者で知られるギリシャ人小泉八雲の墓。
明治23年に米国出版社の通信員として来日しますが、
来日後に通信員を辞めて英語教師となり、
松江、熊本、神戸等に赴任した後、東京に移住。
欧米に日本文化を紹介する著書を数多く遺しました。
※墓の位置1-1-8


女醫荻野吟子之墓(右側の自然石の墓)」。
近代日本最初の女医荻野吟子の墓。
武蔵国俵瀬村の名主荻野綾三郎の娘として生まれ、
隣村の名主の息子と結婚しましたが、
夫に淋病をうつされて離縁しています。
大学東校で治療を受けて完治しますが、
その際に男性医師に下半身を晒した屈辱の経験から、
女医になる事を志し、東京女子師範学校や好寿院に学び、
医術開業試験願を提出しますが数度却下され、
明治17年にやっと許可されて、翌年合格。
湯島に診療所「産婦人科荻野医院」を開業し、
近代日本初の公許女医となっています。
初の女医といえばシーボルトの娘楠本イネのいますが、
彼女は医術開業試験制度前の女医で、
吟子は制度後初の女医。
イネは女性の受験が解禁になった時は既に57歳。
受験は諦めて産婆となっています。
※墓の位置1-5-23


中濱萬次郎之墓」。
ジョン万次郎の墓。
土佐の中ノ浜村の漁師の子として生まれ、
乗り込んた鯵鯖漁に出航する漁船が遭難。
米国の捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助され、
捕鯨船員となって米国に向かいます。
米国で船長の養子となり、
英語・数学・測量術・航海術・造船術などを学び、
捕鯨船員として暮らした後、
日本へ帰る事を決意して資金を貯め、
ハワイ上海経由で琉球に到着。
薩摩藩長崎奉行所で取り調べを受けた後に、
土佐に帰されました。
土佐藩は万次郎を士分に取り立てて優遇し、
藩校「教授館」の教授に任命。
嘉永6年に幕府に召喚されて直参旗本に取り立てられ、
軍艦教授所教授に任命。
造船の指揮、測量術、航海術の指導に当たり、
万延元年には遣米使節団の一員として渡米し、
使節の通訳として活躍しています。
維新後は開成学校の英語教授に就任。
明治31年に死去しました。
※墓の位置1-15-19

さらっと調べて見つけられた墓所を紹介しましたが、
まだまだ幕末の人物の墓がある事でしょう。
今回初めて東京の霊園を訪問しましたが、
やはり時間を掛けないと網羅は難しいかな?
青山霊園谷中霊園にも行ってみたいですね。

■関連記事■
東京都千代田区 靖国神社
 246万6532柱の祭神を祀る招魂社。
青森県青森市 三内霊園(官軍兵墓所)
 青森市の巨大霊園。官軍兵の墓所があります。
東京都千代田区 江戸城①//
 徳川幕府の本拠地。無血開城しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。