滋賀県高島市 大溝陣屋跡

織田信長安土城を拠点に、天下統一を目指しますが、
その琵琶湖の対岸に、大溝城が築城されています。
大溝城は明智光秀の縄張りとされ、
琵琶湖とその内湖を巧みに取り込んだ水城で、
磯野員昌に与えられていましたが、
員昌は信長に背いて出奔した為、
信長の甥である津田信澄に与えられてました。

本能寺の変で信長が明智光秀に討たれると、
光秀の娘を妻としていた信澄の加担が噂され、
これを聞いた神戸信孝丹羽長秀が、
大坂城千貫櫓に滞在していた信澄を討ち取り、
謀反人として梟首しています。


大溝城本丸跡」。
現在は天守台跡内堀が、遺構として残っています。

その後の大溝城には、短期間に丹羽長秀、加藤光泰
生駒親正京極高次と、城主が入れ替わっており、
京極高次が転封となった際に廃城。
大溝は分部光信に与えられて大溝藩が立藩し、
大溝城三ノ丸跡に陣屋が構えられました。


惣門」。
現存する大溝陣屋の長屋門。
近年まで民家として使われていたようで、
今も人が住んでいるような生活感が感じられます。

幕末の大溝藩主分部光貞は、
参勤交代で江戸に出仕する度に、
儒者佐藤一斉河田屏浦川田甕江等を招き、
四書五経の講義を聴き、藩士にも受講させたという。
後に川田甕江を藩校脩身堂の教授に招き、
藩士の指導に任らせてました。

光貞は中風を患っていたようで、
幕末期は京都守護に出兵した他、
特筆するような行動は無かったようですが、
王政復古後に新政府に恭順し、
鳥羽伏見の戦いには、藩兵75名を派遣しています。
光貞は版籍奉還後の明治3年に死去。

家督は次男分部光謙が相続していますが、
大溝藩の藩財政は破綻していた為に、
廃藩置県に先立って廃藩願い出しており、
大溝藩は廃藩しました。

その後、光謙は競馬にのめり込み、
多数の馬を所有する日本最大の馬主となりますが、
度を越した浪費で華族会館から謹慎処分を受け、
爵位を返上し大溝に戻って余生を過ごしています。
※光謙は昭和19年まで生存しており、
 元請西藩主林忠崇や、元広島藩主浅野長勲よりも、
 後年まで生きていますが、光謙は藩知事であり、
 その就任期間もごく短期間である為、
 最後の藩主として名前は挙がりません。


【大溝藩】
藩庁:大溝陣屋
藩主家:分部家
分類:2万石、外様大名

■関連記事■
福井県小浜市 小浜城跡
 隣藩の小浜藩酒井家の居城跡。
滋賀県長浜市 朝日山陣屋跡
 琵琶湖畔に藩庁を構えた元山形藩水野家の陣屋跡。
滋賀県長浜市 宮川陣屋跡
 琵琶湖周辺の宮川藩堀田宗家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。