佐賀県武雄市 円応寺(武雄鍋島家墓所)

古くから武雄の領主であった後藤家でしたが、
龍造寺隆信の勢力拡大により、
その支配下となっていました。

隆信が沖田畷の戦いで討ち取られた後、
跡を継いだ龍造寺政家より竜造寺姓を賜りますが、
竜造寺家は鍋島直茂が実権を掌握。
鍋島家と龍造寺一門との融和政策が行われ、
武雄竜造寺家も鍋島姓を賜り、
以後は武雄鍋島家として、
武雄領2万余石を支配しています。

円応寺は武雄鍋島家の菩提寺。

鳥居型石門」。
寺院ですが鳥居のような石門。
この様な石造門は非常に珍しいようで、
大分県臼杵市の法音寺に似たような門がある程度。
門の先は一直線に道が伸びており、
桜並木となっています。


アーチ形石門」。
これも珍しい石造門。
西欧の中世の城のような雰囲気ですね。
上部の「西海禅林」の額石は、
28代武雄領主鍋島茂義が、
15~6歳の時に書いた文字とされています。


戊辰戦争戦死者合葬墓」。
戊辰戦争で戦死した武雄鍋島家家臣の合葬墓。
墓標には、
 樋口泉兵衛親英 御厨源三郎源芳
 馬渡栄助金秋  大古場佐吉包道
 西邨喜八孝之  大渡岩太郎満房
の六名が刻まれています。
彼らは最新装備で固めた29代武雄領主鍋島上総の部隊で、
秋田戦争での戦死者達。


本堂」。
本尊は十一面観世音菩薩
18代武雄領主後藤純明の開基で、開山は了然禅師。
金沢の大乗寺中興の祖とされる26世住持月舟宗胡は、
12歳で禅門に入り、円応寺の華岳宗芸に師事しました。
開祖道元への回帰を目指して宗統復古を成就し、
曹洞宗自体の中興の祖としても高く評価されています。


本堂南西の高くなったところにある武雄鍋島家の墓所。
霊廟はかなり痛んでいるようで、今にも崩れそう。
とりあえず鍋島茂義の墓を探すが見つからない。
仕方ないので全ての墓石を写真に納めて退散。
しかし、帰って写真を整理しても、茂義の墓が無い!
・・で良く調べると、武雄鍋島家の墓所は東西2ヶ所で、
東側に鍋島茂義や茂昌の墓があったらしい。
・・・残念・・。

それほど遠くないし、機会はあると思うので、
近いうちに再訪したいと思います。

■関連記事■
佐賀県佐賀市 鍋島家春日御墓所
 佐賀藩鍋島宗家の墓所。鍋島閑叟や直大の墓が改葬されています。
佐賀県小城市 星巌寺(小城藩鍋島家墓所)
 支藩主小城藩鍋島家の歴代墓所。
佐賀県鹿島市 普明寺(鹿島藩鍋島家墓所)
 支藩主鹿島藩鍋島家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。