佐賀県鹿島市 普明寺(鹿島藩鍋島家墓所)

鹿島藩主鍋島家の墓所は普明寺
3代藩主鍋島直朝の長男断橋(鍋島直孝)が、
久保山に開基した黄檗宗の寺院です。

断橋は体が弱かった為に家督は継がずに出家。
弟の鍋島直條が4代藩主となっています。

父直朝や弟直條の援助によって普明寺は創建され、
以後、鹿島藩鍋島家の菩提寺として栄えました。

石門(総門)」。
独特な形をした石造りの門。
正面石橋の左右には「竜眼の池」と呼ばれる池があり、
池を竜の眼、石門を龍の口と見立てています。

石門をくぐり、龍の首をイメージした参道を通ると、
竜の腹である楼門および本堂が見えてきます。


楼門」。
静寂の空間といった感じの美しい風景。
黄檗宗の寺院の特徴である左右に伸びる回廊は、
本堂へと続いています。


本堂」。
かなり荒れているようですが、
住職の居ない廃寺となっています。


回廊には魚板が吊るされていました。
魚板は時刻や諸事の報知を叩いて知らせるもので、
僧の人数の多い寺であったのが窺えます。


鍋島直紹 則子墓」。
鹿島鍋島家15代当主鍋島直紹と妻則子の墓。
公選の佐賀県知事で、後に自民党から立候補し、
第2次佐藤第1次改造内閣で、
科学技術庁長官になっています。
地元では「トンさん(殿さん)」と呼ばれ、
親しまれていたようですね。

龍の尻尾を模した小路を進むと、
鹿島藩鍋島家の墓所が見えてきます。

鹿島藩鍋島家墓所」。
笠塔婆型の墓石が整然と並んでおり、
藩主と正室の墓が交互に配置されていました。

とりあえずここは置いといて、
少し離れた3代藩主の墓に行ってみます。

普明寺殿前泉州太守従五位下高岳絶龍大居士壽墖(右)」、
壽性院殿圓成寛相大師之墖(右)」。
鹿島藩の初代藩主は鍋島忠茂ですが、
彼の子で2代藩主の鍋島正茂は、
宗家の圧力に耐えかねて出奔。
江戸に出て幕府旗本となっていますので、
3代の直朝が初代として扱われています。

正茂に継嗣が居なかったため、
佐賀藩主鍋島勝茂は自分の九男鍋島直朝を、
養子にするよう求め、正茂はこれを拒否しましたが、
勝茂は圧力を掛けて直朝を強制的に継嗣とさせます。
この件で勝茂と正茂の間に軋轢が生じました。

正茂は勝茂の理不尽さを幕府に訴えるなどしましたが、
これがかえって勝茂を怒らせる結果となり、
勝茂は正茂にさらなる圧力を掛けた為、
正茂は鍋島家を出奔して江戸に去り、
同情した幕府に旗本として召し抱えられます。
この為、1代2代藩主家と3代目以降の藩主家は別家となり、
直朝が初代の扱いとなりました。

直朝の墓所を参って先ほどの藩主家墓所へ。

静観院殿正二位勲二等萬物自得大居士之墖(右)」、
諸昭院殿壽徳窃明大姉之墖(左)」。
鹿島藩13代藩主鍋島直彬と正室葛子の墓。
直彬は佐賀藩主の名代として朝廷との交渉役を務めており、
維新後は米国視察を経て、初代沖縄県知事となっています。


覚性院殿従三位勲四等全機直縄大居士之墖(右)」、
朝政院殿徳顔梅光大姉霊位(左)」。
14代当主鍋島直縄と妻政子の墓。
佐賀藩最後の藩主鍋島直大の子で、
13代直彬の養子となって家督を継ぎました。
佐賀百六銀行頭取を務めた他、
貴族院議員内務政務次官などを歴任しています。

鹿島鍋島家の菩提寺は、廃寺となっているようです。
現在の寺院は、檀家を増やすか観光収入を得るかしないと、
その経営は成り立ちません。
藩主家の菩提寺は、維新後に藩主家の庇護を離れた際、
一般檀家を受け入れるか、廃寺となるかを迫られるわけですが、
この普明寺は鹿島鍋島家の菩提寺を貫いたようです。

■関連記事■
佐賀県鹿島市 鹿島城跡
 鹿島藩鍋島家の藩庁跡。
佐賀県小城市 星巌寺(小城藩鍋島家墓所)
 小城藩鍋島家の歴代墓所。
佐賀県佐賀市 佐賀城跡
 宗家佐賀藩鍋島家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。