佐賀県鹿島市 鹿島城跡

鹿島城佐賀(肥前)の支藩鹿島藩の藩庁。

佐賀藩の藩祖鍋島直茂は、元々龍造寺隆信の家臣でしたが、
九州の桶狭間」とも称される「沖田畷の戦い」で、
隆信が討死した為、その実権を得る事となります。

もちろん隆信亡き後も竜造寺家は存続していましたが、
豊臣政権徳川幕府に取り入った事や、
家臣団の掌握によって、直茂は主家を乗っ取る事に成功。

しかしながら藩内には、少なからず龍造寺派が存在しており、
その勢力を抑え込み、鍋島家としての統治を強化するため、
3つの支藩が創設されます。

鹿島藩もそのひとつで、
直茂の次男鍋島忠茂が佐賀藩より2万石より分与され、
はじめ常広城を藩庁としていましたが、
常弘は有明海に近く水害が多かった為に、
9代藩主鍋島直彜の代に、佐賀藩と幕府の許可を得て、
鹿島城に藩庁を移転しています。

鹿島城はと呼ばれていますが、
実際には城と陣屋の中間的な藩庁でした。
基本的には陣屋形式なのですが、
2重の堀など城のような部分も持ち合わせており、
家格も城主格でしたので、鹿島城と呼ばれています。

赤門」。
本丸の正門。
現在は佐賀県立鹿島高等学校の校門となっています。
丹塗のめずらしい門で、当時からの現存遺構。
赤く塗られていう理由はわかりませんが、
この門はかつての藩庁常広城の方向を向いているようで、
除災の意味があったという説もあります。

この赤門よりまっすぐ進んだ場所に、
大手門が現存されているのですが、
訪問時はその存在に気が付かず見逃してしまいました。

赤門前には胸像が建てられていますが、
鹿島出身の実業家のものなどは割愛。
幕末維新に関係のあるものだけを紹介します。


藍田谷口先生記恩碑」。
谷口藍田は「近代教育の父」と称される人物。
沖縄・熊本・大阪などの各地で経書の講義を行ない、
北白川宮能久親王に招かれて、
宮家子弟の教育も行ないました。
彼は明治2年に鹿島藩主鍋島直彬に招聘され、
藩校弘文館の教授を務め、
鹿島藩権大参事にも就任しています。


弘文館跡」。
鹿島藩の藩校弘文館のあった場所。
常広城時代の藩校睡定舎養花堂徳譲館を経て、
鹿島築城に伴って当地に移転しました。

赤門より東南方向へ。
城跡は旭ヶ岡公園として整備されています。

内堀の一部。


堀を上手く利用して公園の池にしています。


原忠順翁頌徳碑」。
鹿島藩家老原忠順の頌徳碑。
幕末の藩主鍋島直彬の側近として、
他藩などの周旋活動に当たった人物。
高杉晋作とも親交があったとされていますが、
どういう経緯かはわかりません。
昌平黌の学友かもしれませんね。
明治5年に直彬と共に米国ヘ渡り、行政制度を視察。
米政撮要」を直彬らと共同で著わしています。
明治12年、直彬の初代沖縄県令就任に伴い、
沖縄県大書記官に任命され、
2年の在任中に県政の基礎を作りました。
その後、帰郷して地元の殖産興業に尽力し、
多額納税者として貴院議員となっています。


鍋島直彬公」銅像。
鹿島藩の第13代藩主。佐賀藩主鍋島閑叟の甥で、
12代藩主鍋島直賢が閑叟に強制隠居させられた為、
その跡を継いで鹿島藩主となりました。
幕末期は宗家の佐賀藩と共に行動し、
朝廷との交渉役を務めています。
維新後、アメリカへ渡り行政制度の視察を行ない、
同行した元家臣らと「米政撮要」を著わしました。
その後は侍従に任じられ、明治天皇の側近として仕え、
明治12年に初代沖縄県令に就任しています。
その後、帝国議会選挙で貴族院議員に4回選出され、
多くの功績を遺したために正二位に叙せられました。


松蔭神社」。
旭ヶ岡公園内にある神社。
一瞬、吉田松陰に関係あるのかと勘違いしますが、
読みは「まつかげじんじゃ」。
鹿島藩初代藩主鍋島忠茂を御祭神とし、
その後、歴代藩主が合祀されています。

旭ヶ岡公園を出て南西側へ。

武家屋敷通り」。
城に面した壁は、どこも石垣が積まれています。


武家屋敷棟門」。
さきほど紹介した頌徳碑の主である原忠順の屋敷門。

鹿島城は佐賀の乱によって焼失してしまい、
建造物の遺構は赤門と大手門のみとなっています。
しかしながらその跡地は、学校や公園となっており、
石碑や銅像も多く建てられて、
綺麗に整備されている生きている城跡となっていました。

【鹿島藩】
藩庁:鹿島城
藩主家:忠茂流鍋島家
分類:2万石、外様大名(佐賀藩支藩)

■関連記事■
佐賀県佐賀市 蓮池陣屋跡
 佐賀藩の3つの支藩のひとつ蓮池藩の陣屋跡。
佐賀県小城市 小城陣屋跡
 佐賀藩の3つの支藩のひとつ小城藩の陣屋。
佐賀県鹿島市 普明寺(鹿島藩鍋島家墓所)
 鹿島藩鍋島家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。