佐賀県小城市 星巌寺(小城藩鍋島家墓所)

小城鍋島家の墓所は星巖寺
境内にある五百羅漢が有名な寺院でした。


星巖寺 楼門」。
別名龍宮門とも呼ばれるように、
龍宮城のような外観をしています。
嘉永5年に竣工したもので、
外見は中華風ですが造りは木造の和風様式。
小城藩が長崎警護を担当したことから、
中国風寺院様式の影響を受けていたようです。


楼門を抜けると広場となっていました。
ここはすでに住職のいない廃寺で、
観光地や遺跡として整備されている場所のようです。
たぶんここには本堂などの伽羅があったのでしょう。


広場の奥には回廊が残されており、
墓所や報恩堂に続いています。


報恩堂」。
歴代藩主の位牌が納められたお堂。


五百羅漢像」。
藩主墓所前に並べられた五百羅漢像
「五百」となっていますが、実際には約200体。
泣き、笑い、叫び、怒りなど、
各羅漢が様々な表情をしています。


小城鍋島家墓所」。
門は閉められていますが、
右にある小さな門から中に入れます。


初代元茂公」。
初代小城藩主鍋島元茂とその正室の墓。
佐賀藩初代藩主鍋島勝茂の長男でしたが、
勝茂の継室菊姫徳川家康の養女であった為、
菊姫の子である四男鍋島忠直が継嗣となり、
元茂は後に小城7万5000石が与えられて、
小城藩を立藩しました。
藩主ながら剣の達人であったようで、
柳生宗矩から最初の印可書を受けてます。


十代直亮公」。
10代小城藩主鍋島直亮の墓。
プチャーチン艦隊の長崎来航に伴い、
幕命により長崎警固を佐賀藩と共に行いました。
藩軍制の洋式化の基礎を作り、
万延元年遣米使節に藩士を派遣しましたが、
元治元年に36歳の若さで死去しています。


十一代直虎公」。
11代小城藩主鍋島直虎の墓。
幕末の動乱期に藩主となった鍋島閑叟の7男で、
先代の直亮に男児が無なく婿養子に入っています。
維新後の明治6年に、元佐賀藩主で実兄の鍋島直大や、
元蓮池藩主で実弟の鍋島直柔と英国へ留学。
帰国後は外務省御用掛となり、
後に貴族院議員を5期連続当選しています。

この星巌寺は住職の居ない廃寺なのですが、
綺麗に整備されていることから、
行政が管理しているようです。
住職が居ても檀家が少なく困窮する寺もある中で、
廃寺となっても自治体が管理してるので、
星巌寺はしっかり整備されていました。

■関連記事■
佐賀県小城市 小城陣屋跡
 小城藩の陣屋跡。
佐賀県鹿島市 普明寺(鹿島藩鍋島家墓所)
 鹿島藩鍋島家の歴代墓所。
佐賀県佐賀市 鍋島家春日御墓所
 鍋島宗家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。