下関市伊崎町 小門の報済園

下関と彦島の間の細い海峡を、小門(小瀬戸)と言います。
小門の夜焚」と呼ばれる舟遊びが有名だった場所で、
松明を焚いた小舟浮かべ、その明かりに集まった魚を網で捕らえ、
舟の上で料理して食べる風流な遊びでした。

安政の大獄で処刑された頼三樹三郎の父で、
日本外史」の著者でもある儒学者頼山陽や、
晋作が愛した南画家田能村竹田も「小門の夜焚」で遊んでいます。


現在の小門(小瀬戸)。むこう岸が彦島。
晋作もこの「小門の夜焚」で遊んだようで、
その時の様子を詠った漢詩なども残されています。

さて、ここ(伊崎二丁目)にある報済園という廃墟(!)に、
晋作と七卿が、国事を話し合った事を記した石碑があるというので行ってみました。

この報済園というのは、化粧品問屋藤津良蔵が、
明治元年に病弱だった一人娘のために作った別荘だそうです。
夜には「小門の夜焚」が望める風流な場所でした。
廃園になった理由などは調べても分かりませんでした。


外から見た報済園。ツタに覆われてオバケでも出そうですね。
小学生の頃に知ってたら、友達と肝試しでもしに行ったかもしれません。


廃墟ということで、入っていいのか悪いのかよくわかりませんが、
進入禁止」とはどこにも書かれていなかったので、恐る恐る進入しました。


・・で、坂を登ったら、すぐに見つかりました。
高杉先生七卿ト國事ヲ議セシ地」と書かれています。

ただ、晋作と七卿がここで国事を語り合った記録はありません。
七卿ということは7人なわけで、
病没した錦小路頼徳や、生野の変に参加した澤宣嘉もいるということです。
多分それはありえませんから五卿でしょうね。
全国的にも有名だった「小門の夜焚」に、晋作が五卿を招待したのでしょうか?
それとも報済園に箔を着けるために、晋作と五卿の名を使っただけかも?
とりあえず晋作が「小門の夜焚」で遊んだという事実はあります。


報済園は廃墟でした(当たり前か・・)。
めちゃめちゃ晴天でしたが、やはり廃墟は薄気味悪いですね。


これが玄関のようです。


庭園だったらしきところは、木や草が生い茂っています。
明治天皇○○」と書かれた石碑がありましたが、近づけす何と書いているか読めません。
明治天皇も来たって事??まさかね。


山手には鳥居もありました。
足場は草に覆われて、ほとんど道が隠れてしまっています。


鳥居を抜けると「尊皇愛國」と書かれた石碑が・・。


小さなお堂がありました。「天照皇大神」を祀ってたようです。


東屋のようなものもありました。
もっと奥に色々ありそうでしたが、これ以上は断念します・・・。
相当な規模だったようですが、人の手が入らないと見る影もありませんね。

下は昔の絵葉書ですが、綺麗だった頃の報済園の庭です。

先ほどの鳥居がありますね。その奥に石碑やお堂も見えます。
とても綺麗な庭園だったようです。

建物の中がどんな風になってるのか気になりますが、
庭園から察するにきっと豪華な造りなのではないでしょうか?

実はもう一つ「高杉先生小門鑑賞ノ場所」と記された石碑もあるらしいのですが、
残念ながら見つけられませんでした。
図らずも廃墟ツアーになってしまいましたが、たまにはこういうのも良いでしょう。

■関連記事■
下関市伊崎町 伊崎厳島神社・鈴ヶ森稲荷神社
 小瀬戸を望む高台にある神社。
松陰の北浦巡視⑥
 吉田松陰も小瀬戸を訪れています。
下関市伊崎町 關屋松兵衛旧宅
 吉田松陰の下関での拠点。
下関市伊崎町 ひょうたん井戸
 高杉晋作が隠れたと伝わる井戸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。