下関市伊崎町 伊崎厳島神社・鈴ヶ森稲荷神社

下関市伊崎町に伊崎厳島神社鈴ヶ森稲荷神社という2つの神社が、
小瀬戸(小門)を望む高台にあります。

源平合戦の頃、都を追われた平家一門が西へ逃げる際、
安芸の厳島神社から厳島大明神を分霊して持ってきていましたが、
最後の合戦となる壇ノ浦の戦いで平家が惨敗したため、
逃げ延びた平家の落人が分霊した御神体を隠して逃げたのですが、
その御神体を地元の人が見つけて、
ここに社を構えたのが伊崎厳島神社の始まりとされています。

この神社に外貌巡察のため、下関を訪れていた吉田松陰が、
参拝した記録が「廻浦紀略」に残されています。

松陰が宿泊していた關屋松兵衛邸のすぐ近くに、神社へ登る階段があります。


恐ろしく急な階段・・・。
登ると途中から足に乳酸が溜まるのがわかります。


伊崎厳島神社拝殿」。
小さいながら朱色が綺麗です。
松陰は「廻浦紀略」で「厳島之祠」と呼んでいました。


隣には「鈴ヶ森稲荷神社拝殿」があります。
同じように朱色の拝殿です
伊崎厳島神社の方が主社で、こちらは末社らしいのですが、
こっちの拝殿の方が大きいですね。


境内からは下関漁港が望めます。
下関漁港は捕鯨基地だった場所で、アンコウの水揚げが日本一です。
(フグは南風泊漁港)


鈴ヶ森稲荷神社の脇に裏山へ続く道があります。
松陰は「厳島之祠」を参拝した後、
裏山の日和山を越えて海辺に出て、
身投岩」と呼ばれるところに到着したとされています。
現在「身投げ岩」と呼ばれる場所は、対岸の彦島側にあります。
その「身投げ岩」と同じならば、
対岸の「身投岩」が見える場所に到着したという意味になりますが、
下関側にも「身投岩」とよばれる場所があったのかも知れません。

※ちなみに「身投岩」とは、平家の残党狩りで追われた人々が、
身を投げた岩です。

■関連記事■
松陰の北浦巡視⑥
 吉田松陰の下関での行程。
下関市伊崎町 關屋松兵衛旧宅
 吉田松陰の下関での拠点。
下関市伊崎町 ひょうたん井戸
 高杉晋作が隠れたと伝わる井戸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。