下関市伊崎町 ひょうたん井戸

慶応元年、長州内訌戦に勝利した高杉晋作は、
長州藩の武備を充実するため、下関開港に奔走します。

下関の大半は支藩の長府藩領となっており、
その実現のためには、本藩(萩藩)領との換地が必要でしたが、
開港や換地に反対する長府藩攘夷派藩士から命を狙われます。

刺客から追われた晋作は、
井戸に丸一日身を隠して刺客をやり過ごしたと伝えられています。

下関市伊崎町。看板に従い歩きます。

かなり細い路地です。

ここが、晋作が身を隠したと伝えられる「ひょうたん井戸」。
どこがひょうたんなのかは謎ですが、未だに現役の井戸のようです。

■関連記事■
下関市伊崎町 伊崎厳島神社・鈴ヶ森稲荷神社
 伊崎の厳島神社。吉田松陰が訪れています。
下関市伊崎町 關屋松兵衛旧宅
 松陰の下関滞在時の宿。
下関市伊崎町 小門の報済園
 廃墟です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。