下関市伊崎町 關屋松兵衛旧宅

伊崎町にある青壁のお家(個人宅)の花壇に、
關屋松兵衛旧宅跡」という石碑と説明版があります。


關屋松兵衛旧宅跡」。

ここは幕末時、付船業(水先案内)を営む關谷松兵衛の家があった場所です。

嘉永2年、長州藩は吉田松陰らに、
異賊御手当御内用掛」として海岸防備の巡検を命じます。

この巡検は松陰の「廻浦紀略」に記されていますが、
須佐から下関まで長州藩の日本海側の海防の関するものです。

僕のような地元民が読めば、知った地名が色々出てきて、
とても面白いもので、特に下関に入ってからの事は、
地図が頭に浮かぶので当時の様子が想像できます。

松陰らが下関近辺を巡険するにあたって、
拠点としたのがこの關屋松兵衛の家です。
ここに4日滞在し、彦島や伊崎、竹崎、亀山などを周っています。

■関連記事■
下関市伊崎町 伊崎厳島神社・鈴ヶ森稲荷神社
 小瀬戸を望む高台にある神社。
松陰の北浦巡視⑥
 吉田松陰は關谷松兵衛邸を宿としました。
下関市伊崎町 ひょうたん井戸
 高杉晋作が隠れたと伝わる井戸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。