周防大島町 世良修蔵招魂碑

世良修蔵東北諸藩に不遜な態度を取り、
さらに彼の「奥州皆敵」と書かれた密書が見つかった為、
これに激怒した仙台藩士らに殺害されました。
この事が奥羽越列藩同盟成立に繋がり、
戊辰戦争への引き金となった訳で、
世良は後世で鬼畜のような扱いを受けています。

しかし彼はどちらかといえば学者肌の志士で、
それ以前に粗暴な振る舞いがあった記録は無い。
どうして奥羽鎮撫総督府下参謀として赴いた際に、
そのような不遜な態度を取ったのかは謎ですが、
東北諸藩を怒らせた事実に間違いはありません。

そんな世良は大島椋野村の庄屋の家に生まれ、
学問に励み同村の大呑塾、海防僧月性清狂草堂
さらに明倫館安井息軒三計塾で学び、
寄組士浦靱負の開設した郷校克己堂の講師を務め、
浦家に仕官しています。
清狂草堂の同門赤禰武人の招聘で奇兵隊に入隊し、
書記等を務めた後、大島の諸隊真武隊を再興して、
軍監に就任しています。
※後に第二奇兵隊に改称。初代総督は白井小助
後に赤禰が奇兵隊を出奔した為、嫌疑を受けて謹慎。
第二奇兵隊士が脱走して倉敷浅尾騒動を起こすと、
許されて隊内の安定に尽くし、
同時期に浦家の重臣世良家の家督を継ぎました。

大島戦争では第二奇兵隊を率いて大島を奪還。
戦後は一時軍部を離れて外交活動に奔走しますが、
鳥羽伏見の戦いで軍に復帰して戦功を挙げ、
その後、奥羽鎮撫総督府下参謀に就任し、
東北諸藩の恨みを一身に背負う事になりました。

その世良の招魂碑が郷里久保田山に建てられています。

茂兵衛堂」。
世良の招魂碑へ訪問するには、
この茂兵衛堂を目指すのか良いようです。
中務茂兵衛四国八十八箇所を280回巡拝し、
生き仏と崇められた人物。
10歳年上の世良とは従兄弟の関係でしたが、
優秀な世良とは対照的に柳井の遊郭に入り浸って、
勘当されて故郷を捨て、遍路に生涯を費やしました。
このお堂は茂兵衛の偉業を称えて建てられたもの。

茂兵衛堂のすぐ近く。大きな看板が見つかります。

世良修蔵招魂碑の説明板」。
大変立派な説明板で、碑文の内容が記載されていました。
周防大島町教育委員会は良い仕事をしています。
取って付けたような説明板が多い中、
こういうのはとても嬉しいですね。

説明板の横の階段より上へ。

天地同久(世良修蔵招魂碑)」。
世良家を継いだ世良徳壽が建立した招魂碑で、
碑の篆額は山田顕義で、撰文は加藤煕です。
この加藤煕は誰かと思ったら、
笠間藩の儒者で試撃行高杉晋作が面会して意気投合し、
後に長州に招かれて明倫館教授となった加藤有隣でした。
碑文には「堂々たる体格を持ち、眉秀で、
黒々とした頬髯を蓄えていた。性格は素朴で、
実に高遠な精神の持ち主であり、
めったなことで笑うことはなかった
」とあります。
もちろん碑文ですので上げて書かれていると思いますが、
粗暴な面があったならば「勇猛」などの言葉があるはず。
黒々とした頬髯を蓄えていたとは驚きですね。
イメージを改めなければ・・。

碑の左右には世良家の墓があり、
この碑を建立した世良徳壽のものもありました。

■関連記事■
宮城県白石市 世良修蔵墓所
 白石市陣場山にある世良修蔵の墓所。
福島県福島市 世良修蔵官修墳墓
 福島稲荷神社にある世良修蔵の官修墳墓。
柳井市 克己堂跡と赤禰・世良の屋敷跡
 郷校克己堂跡と赤禰武人、世良修蔵の屋敷跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。