新潟県長岡市 悠久山公園

長岡市街東側にある悠久山公園には、
幕末長岡藩関連の石碑が多く建てられています。


悠久山公園案内図」。
碑の場所も記載されていてとても良い。
幕末期以外の長岡ゆかりの人物の碑も多くあります。


蒼柴神社」。
長岡藩忠興の祖である3代藩主牧野忠辰を祀る神社。
京都の神祇道管領吉田家より神号が贈られ、
4代藩主牧野忠寿が城内に社殿を創建したのがはじまり。
その後、悠久山に遷座しました。
悠久山公園はこの蒼柴神社の社地を公園化したものです。


長岡藩牧野家霊廟」。
蒼柴神社社殿の横に並べられた牧野家の墓碑。
牧野家の墓所は江戸の済海寺でしたが、
昭和57年の墓地整理で牧野家の墓碑17基が、
ここに移されています。


10代藩主牧野忠雅の墓(右から2つ目)」。
11代藩主牧野忠恭の墓(中央)」。
15代当主牧野忠篤の墓(左)」。
10代藩主牧野忠雅は老中首座阿部正弘の右腕として、
老中海防掛となっています。
安政4年に阿部が急死して堀田正睦が実権を握ると、
老中を辞任。翌年に死去しました。

11代藩主牧野忠恭は、西尾藩主松平乗寛の三男で、
忠雅の養嫡子となっています。
文久2年に京都所司代に就任しますが、
翌年に長岡藩のような小藩では対応できないと辞任。
同年に老中に就任しました。
河井継之助に絶大なる信任を置き、
藩政改革を推進させて慶応3年に隠居。
北越戦争を経て明治8年に再び家督を相続しますが、
明治11年に死去しています。

15代当主牧野忠篤は、父忠恭の死去により家督を相続。
初代長岡市長貴族院議員に就任しました。
榮涼寺にも墓があります。


悠久山招魂社」。
蒼柴神社社殿の向かって左手奥にある招魂社
僕は山口県内の招魂社を制覇していますが、
ここは殆どそれと同じようなものでした。
明治7年に創建されたもので、
北越戦争及び西南戦争の殉難者の墓碑が並びます。


總督河井繼之助秋義(右)」、
大隊長山本帯刀義路(左)」。
長岡藩総督河井継之助と大隊長山本帯刀の墓碑。
北越戦争時のNo.1、2が並んでいます。

駐車場のある北側からはいりましたので前後しますが、
西側の蒼柴神社の参道へ。

病翁碑」。
小林虎三郎の碑。病翁は小林の号。
吉田松陰と共に「佐久間象山門下の二虎」と称され、
米百俵」の逸話で知られます。
戦後の荒廃した長岡の復興に尽くし、
特に教育に関して熱心だったという。

参道の中途には長岡藩槍隊刀隊の慰霊碑があります。

戊辰槍隊戦没諸士碣」。
最新兵器を装備した長岡藩兵ですが、
白兵戦では槍隊、刀隊が大いに活躍したという。
混戦となれば個人の力量士気が重要となり、
農兵の長州藩や士気の低い諸藩兵に対し、
無類の強さを発揮した事でしょう。
これは槍隊戦没者の慰霊碑。


戊辰刀隊戦没諸士碣銘」。
こちらは刀隊戦没者の慰霊碑で、
小林虎三郎の撰文によるもの。
刀というのは戦場では副武装だと思っていましたが、
槍隊、刀隊の区別があるということは、
刀を主武装とした隊があったという事です。
ゲームや漫画の中だけの話かと思ってた・・。

槍、刀隊慰霊碑の場所より参道から逸れて奥に入ると、
碑が3つ建てられており、うち2つが幕末期の人物のもの。

舊長岡藩山本義路君碑」。
長岡藩次席家老山本帯刀義路の顕彰碑。
門閥家老ながら河井を支持して改革を助け、
北越戦争では第一大隊長として活躍します。
撤退の際には殿軍を務め、会津戦争にも参加しますが、
濃霧の中で孤立して包囲され、宇都宮藩兵に捕縛されました。
山本の才を惜しむ新政府軍の助命の提案を固辞し、
明治元年9月9日、阿賀野川の河原にて斬首。
篆額は榎本武揚によるもの。


従二位勲一等法学博士渡邊廉吉君記念碑」。
大日本帝国憲法旧皇室典範民事訴訟法など、
その制定に深く関わった法学者渡辺廉吉の記念碑。
彼は15歳で北越戦争に従軍していますが、
彼の実兄渡辺豹吉は山本帯刀家の家臣で、
山本が捕縛された際に共に繋がれたという。
豹吉はここで大芝居を打ち、下男を偽って助命を願い、
助命を断った山本のみが斬首されます。
豹吉は山本の埋葬を請うてこれを許され、
主人を埋葬した後で態度を豹変させました。
新政府軍に主人の許に参じたいからと、
自らの首を差し出して斬首されます。
故郷を出る際に主君の最期を見届けると誓っていた為、
あえて命乞いをして主人より遅れて後始末を済ませ、
それから共に死出に参ろうとしたようです。
この兄の意思を継ぐように廉吉は、山本帯刀家の再興に尽力。
長岡士族高野貞吉の六男に白羽の矢を立て、
山本帯刀家を継がせたのが後の連合艦隊司令官山本五十六

参道に戻り入口方向へ。

長屋定平之碑」。
大垣藩士長屋定平得行の顕彰碑。
大垣藩は鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍として戦い、
その後に恭順して新政府軍として戦っていますが、
これを良しとしない一部藩士は旧幕府軍と行動を共にし、
長岡藩の援軍として北越戦争に参加しています。
長屋定平徳行もその一人で、
陣場方として老体に鞭打って参戦。
桂沢の戦いで戦死しています。

参道を戻って南側の自由公園方向へ。

故長岡藩總督河井君碑」。
撰文は三島中洲、題額は黒田清隆
長岡藩総督河井継之助の顕彰碑。
河井についてはもはや語るまでもないでしょう。

この公園には幕末期以外の長岡ゆかりの人物の碑が、
広い公園中に沢山建てられている為に、
鵜殿団十郎碑」「三島億ニ郎碑」を見落としました。

最後に郷土博物館へ。

長岡市郷土博物館」。
天守閣を模した建物の郷土博物館。
長岡城がJR長岡駅となってしまっている為、
こちらに天守と建てたのでしょうか?
いっそ、長岡市とJR東日本が協力して、
駅ビルを天守風にすれば良いんじゃないかな?

■関連記事■
新潟県長岡市 長岡城跡
 長岡藩牧野家の居城跡。遺構は皆無です。
新潟県長岡市 長興寺(山本帯刀家墓所)
 長岡藩家老家稲垣家、山本家の菩提寺。
新潟県上越市 高田城跡
 近隣の高田藩柳沢家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。