下関市長府 笑山寺(長府藩毛利家墓所)

長府毛利家初代藩主毛利秀元は、
祖母である乃美大方の菩提寺を建立し、
はじめ妙寿寺と名付けられていましたが、
後に穂井田元清の戒名から笑山寺に改称されました。
※元清の戒名は洞雲寺殿笑山常快禅定門

乃美大方は毛利元就側室(又は継室)で、
元清の他に天野元政小早川秀包を生んでいます。
※元政は右田毛利家祖。秀包は吉敷毛利家祖。
元就の死後は子の元清、孫の秀元に引き取られ、
関ケ原の戦いの後に秀元と共に長府に移住しますが、
移住後すぐに死去しています。


笑山寺」。
檀具川中流付近に位置しています。
笑山寺の名は一時功山寺に付けられていましたが、
2代藩主毛利光広が笑山寺を功山寺に変え、
妙寿寺を笑山寺と改称させました。
境内には市指定文化財の十三重石塔があります。


本堂」。
本尊は如意観音
斜めに伸びる参道が珍しい。


瀧川辨三君彰功碑」。
日本のマッチ王と称された瀧川辨三の顕彰碑。
長府藩士瀧川清の二男として生まれ
乃木希典桂弥一らと共に集童場で学んでいます。
長府報国隊に入隊し、兄と共に北越戦争に参戦。
兄の瀧川六郎は長岡で戦死しました。
維新後は神戸でマッチ製造会社を営み、
販路を拡大して「日本のマッチ王」の異名を得ます。
実業家として関西の多数の企業の取締役を歴任し、
滝川中学校・高等学校も設立。
神戸市会議員貴族院多額納税者議員も務めました。
大正期に荒廃していた笑山寺を復興し、
この縁から顕彰碑が建てられています。
題字は渋沢栄一、撰文は桂弥一


毛利家墓所」。
笑山寺墓地の一角にある長府毛利家の墓所。
2代藩主毛利光広、7代藩主毛利師就の墓があります。


二代藩主毛利光広の五輪塔」。
2代藩主毛利光広の墓。
初代秀元は享年72歳と長生きしましたが、
その子光広は家督相続の3年後に38歳で病没しています。
彼によってこの寺は笑山寺と改称されましたが、
ここを墓所としたのはその縁から。


七代藩主毛利師就の五輪塔」。
7代藩主毛利師就の墓。
2代光広が笑山寺を墓所としたのは理解できますが、
師就が笑山寺を墓所としたのはよくわからない。
彼は松の廊下で松本藩主水野忠恒に斬りつけられ、
危うく殺されかけるという災難に遭っています。
忠恒の斬りつけた理由は、自分の領地が取り上げられ、
師就に与えられると思ったから。
意味不明の証言で乱心と判断されて水野家は改易。
師就は鞘に収まった刀で応戦しのでお咎めなし。
この事件が起こった松の廊下では、
忠臣蔵で有名な浅野内匠頭の刃傷事件も起こっていますが、
長府藩はその後に起こった赤穂事件の際、
四十七士のうちの十士を預かっており、
同じく十七士を預かった熊本藩が彼らを厚遇したのに比べ、
普通の罪人のように扱って評判を落としました。
※その後、待遇を改善。
師就は忠恒に斬りつけられた際、
吉良義央に倣って鞘刀で応戦したと証言しています。
この笑山寺にある墓は遺骨の入っていない詣り墓で、
埋葬されたのは江戸の泉岳寺
奇しくも浅野内匠頭及び四十七士と同じ場所でした。

笑山寺は長府毛利家の3つの菩提寺のひとつですが、
他の功山寺、覚苑寺は幕末期の舞台として登場し、
残念ながら笑山寺は何ら登場しません。
それ故にあまり訪問する機会はありませんでしたが、
前回功山寺を長府毛利家墓所として記事にしましたので、
今回は笑山寺を訪問してみたというわけです。

■関連記事■
下関市長府 功山寺(長府毛利家墓所)
 初代、5代、9~12代、14代藩主の墓があります。
下関市長府 覚苑寺
 3代、6代、13代藩主の墓があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。