下関市長府 功山寺(長府藩毛利家墓所)

何度も功山寺の記事をUPしていますが、
考えたら藩主家墓所としての記事はありませんので、
今回は藩主家墓所として功山寺の記事を書いてみます。

長府毛利家の菩提寺は3つ。
この功山寺の他に笑山寺覚苑寺があり、
それぞれに長府藩主の墓が振り分けられています。
功山寺には初代毛利秀元の他に、
5代毛利元矩、9代毛利匡満、10代毛利匡芳
11代毛利元義、12代毛利元運、14代毛利元敏の墓があり、
3つの中では最大規模の墓所です。

功山寺の創建は鎌倉時代の嘉暦2年。
後醍醐天皇の勅願寺にもなっており、
足利尊氏から寺領が寄進されるなどしました。
室町時代には大内家の庇護を受けて栄え、
大内家が毛利元就によって滅ぼされる際には、
最後の当主大内義長が功山寺の仏殿で自刃しています。
※当時の寺名は長福寺

その後、長府に入った初代藩主毛利秀元が再興し、
秀元の死後にその戒名智門寺殿功山玄誉大居士より、
功山寺と寺名を変えました。
※秀元の生存時は笑山寺と呼ばれています。


山門」。
何度ここの写真を撮っただろうか・・。
総門より山門に至る参道は薄暗くひんやりとしており、
日に照らされる山門が極楽への門のように感じられます。


仏殿」。
国宝に指定されている典型的な禅宗様仏殿。
創建前よりこの仏殿は建てられていたという。
この仏殿で上記の大内義長が自刃しました。
義長は豊後の大名大友義鑑の次男で、
大友宗麟の実弟にあたります。
当時の大内家当主大内義隆が家臣の陶晴賢に殺され、
その晴賢によって大内家の新当主に擁立。
しかし晴賢は厳島の戦いで敗死してしまい、
大内家は急激に衰退して毛利家の侵攻を受け、
功山寺(長福寺)で毛利勢に包囲されて自刃しました。
※義長の墓は仏殿裏手の功山寺墓地にあります。


七卿遺蹤碑」。
本堂前に設置された記念碑。
功山寺は七卿のうちの五卿が滞在した寺でもあります。
三条実美三条西季知四条隆謌東久世通禧壬生基修
 他2名の錦小路頼徳は病没。澤宣嘉生野の変に擁立。



高杉晋作回天義挙銅像」。
颯爽と馬に乗る晋作像。
この像も何度写真を撮っただろう・・。
今まさに挙兵したという雰囲気がカッコいい。

さて、本題の長府藩毛利家墓所です。

毛利家墓所」。
仏殿の裏手にある長府藩毛利家の墓所。
上記したように初代、5代、9代、10代、11代、
12代、14代の長府藩主の墓があります。
・・・が、残念ながら非公開
数々の藩主家の墓所を巡った僕ですが、
たまにこういう非公開の墓所が存在します。
こういうのはご子孫の意向なのか、
それとも管理する寺社の意向なのでしょうかね?
仮にご子孫の意向だとしても、
藩主は公人でしょうし歴史上の人物だと思う。
僕は墓所を訪問する時は手を合わせますし、
その際は写真も撮らせて下さいとお願いもする。
入場料を取ってもいいと思うし、
厳しい参拝の方法を設定してもいいと思う。
ですので全くの非公開はやめて頂きたいものです。


とはいえ門には大きな穴が開けられており、
遠くからですが墓所の様子は確認できます。
中央に見えるのは初代藩主毛利秀元の墓。

裏手に廻って後方の墓地より墓所を望む。

初代を中心に5代、9代、10代、11代、
12代の藩主の墓と初代の祖母乃美の方の墓が並ぶ。
最後の藩主である14代毛利元敏の墓は、
この石柵の外にあるようですが確認はできません。
※写真右端の柵外の写っているかいないかのあたり。
実はこれらの藩主の墓は14代元敏以外、
遺骨の埋葬されていない「詣り墓」で、
これらの藩主は全て江戸藩邸で死去している為、
遺骨は江戸の泉岳寺に埋葬されています。

■関連記事■
下関市長府 秋の功山寺
 功山寺は秋が一番良い。紅葉がとても美しいから。
下関市長府 雪の功山寺
 功山寺挙兵の際には、雪が降っていたとされます。
下関市長府 功山寺山門
 山門が改修されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。